戸田恵梨香、次々期NHK朝ドラ『スカーレット』主演に!「期待大」の一方で“素行”を懸念する声も……

日刊サイゾー

2018/12/5 02:30


 2019年後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』のヒロイン役に、女優の戸田恵梨香が決定。12月3日、NHK大阪支局にて行われた制作会見に登壇した。

同ドラマは昭和の高度成長期を迎えた滋賀と大阪が舞台に、男性社会である陶芸の世界に飛び込み、奮闘する女性を描いた作品。滋賀県・信楽の女性陶芸家・神山清子氏をモデルにしたオリジナル作品で、脚本は『みにくいアヒルの子』(フジテレビ系)、『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)など、人気ドラマを数多く手がけている水橋文美江氏が担当するという。

会見で戸田は、20代後半は女優としての成長に悩み続けていたことを告白。今年30歳を迎え、心機一転、物や価値観の断捨離をした矢先、今回の朝ドラ出演のオファーが舞い込んできたという。今回の意気込みを問われた戸田は、「ものすごく大きく進化できる、ぜいたくな時間を楽しみたいです」と語り、ヤル気に満ちた表情を見せていた。

現在放送中の安藤サクラ主演『まんぷく』も好調の朝ドラ。来年4月には100作目の節目を飾るべく、広瀬すず主演『なづぞら』があり、知名度も演技力もある戸田へのオファーはNHKの本気を感じさせる。ネット上でも、戸田の起用に喜びの声が上がっているという。

「『朝ドラヒロインはオーディションがいい』という声はあるものの、『でも、戸田恵梨香なら見る!』『100回記念の朝ドラは広瀬より戸田の方がよかった』といった声が聞こえており、一様に戸田の起用に称賛と声援が上がっています。まあ、101回目という新しいスタートを切る重要な朝ドラですから、新人や若手といった女優より安定した演技力がある女優が一番ですよね」(テレビ関係者)

過去に『オードリー』(2000年)で、子役ではあったが、朝ドラ出演経験もある戸田。近年では『コード・ブルー』(フジテレビ系)シリーズや『SPEC』(TBS系)といった人気ドラマに出演。さらに、現在放送中の主演ドラマ『大恋愛』(同)も話題になるなど、前評判は上々のようなのだが……。

だが、「懸念する問題が2つある」と先のテレビ関係者はこう語る。

「まずひとつは、体形問題です。戸田さんといえば、たびたび“やせすぎ”が話題になりますが、朝ドラは拘束時間が厳しく、体力的についていけるのかと心配されています。本人は会見で『だいたい私は気合で乗り越えていきます』なんて言ってましたが、正直不安です。それともうひとつが、共演者キラーという点。成田凌さんや加瀬亮さん、松山ケンイチさんといった共演者と浮名を流してきただけに、共演できる男性俳優が限られてきますからね。それに、『うちの売り出し中の俳優に手を出されたら』と敬遠する事務所もあるだろうし。ほかの役のオファーが大変になるでしょうね」

ともあれ、演技力はお墨付き。一体どんな演技を見せてくれるのか、今から期待したいものだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ