工藤静香、玉ねぎの皮を出汁にするも「ゴミ出汁」と批判轟々! 木村家の経済状況を心配する声も……

日刊サイゾー

2018/12/5 01:00


 最近、立て続けにInstagramへ手料理画像や動画を投稿し、世間をざわつかせている歌手・工藤静香。そんな彼女が12月2日に投稿した手料理動画が、またも話題になっている。

この日、工藤が公開した料理は「うどん」。木村家では、あご出汁としょう油、みりんのほか、野菜の切れ端を煮込んで取った出汁を使うそう。この日は、玉ねぎの皮やセロリなどを煮込んだスープでうどんを作っていた。

「遅い時間の夕食に最高」と工藤もメッセージでつづっているように、健康的な一品なのだが、これがネット上では大不評だというのだ。

「工藤さんは今はやりの、野菜の切れ端で作るだし汁・ベジブロスをしているんでしょうが、工藤さんの場合、どうしても見た目が汚い。『まずそう』との声ばかりが聞こえています。また、”切れ端”と言ってますが、本来捨てる玉ねぎの皮が入っているため、『ほんだしならぬ、ゴミ出汁』と揶揄する声も。その上、盛り付けは通常営業といった調子でセンスがない……。いつものように、ネットでは失笑の嵐が沸き起こっています」(女性誌編集)

先日は、庭で採れたという柑橘を絞ったあとの皮を、お新香とオレンジピールにしていた工藤。ほかにも、母親とともに銀杏拾いに行ったりと、工藤本人は食材ひとつひとつを大事にしているようで、ファンからは毎回、その姿勢に称賛の声が上がっている。

しかし、その一方で、ネットではこんな声も聞こえているようで、

「食材を無駄にしないという姿勢は大いに結構なのですが、あまりにしつこい。これでは庶民派というよりは、貧乏な食卓に見えてしまっているのが事実。ネットでは『食卓事情がヤバイのか?』と、木村家の経済状況を本気で心配する声も多いですよ(笑)」(同)

夫の木村拓哉は、現在ラジオ番組はあるものの、テレビ番組のレギュラーはなし。CMも全盛期ほど見ることはない状況。また、工藤自身もテレビ出演はほとんどなく、もっぱらライブ活動。今年は次女のKoki,がモデルデビューし、親の知名度と工藤の力で仕事を取ってきているが……。

もしかして、もしかすると……懐事情は苦しいのかも!?

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ