乃木坂46若月佑美、キャラ渋滞を清算!?泣き笑いの卒業セレモニーにファン歓喜

dwango.jp news

2018/12/5 00:00


乃木坂46の1期生として、3rdシングル『走れ!Bycycle』で選抜入りしてから20作連続選抜入りし、長きにわたり選抜メンバーとしてグループを牽引してきた若月佑美が卒業を発表したのが、10月1日。その10日前に西野七瀬の卒業発表があったばかりで、相次ぐ人気メンバーの卒業にファンは衝撃を持って受け止めた。



あれから2か月。若月の”乃木坂46”としての最後のステージとなる「乃木坂46 若月佑美 卒業セレモニー」が4日、日本武道館で開催され、1万人が熱狂した。

お馴染みの『overture』から『Dance Opening Act』へ。「若月ロボ起動します」。ファンの間で話題となったロボットダンスを冒頭で披露し、大歓声を浴びる。さらにメンバーと『狼に口笛を』『音が出ないギター』を披露した。

いつものコンサートとは違い、メンバーがソファに座ってトークもできるスタイルが用意され、メインMCに高山一実が指名される。早速高山が”卒業コンサート”ではなく”卒業セレモニー”とした理由について質問すると、「せっかくやるんだったら曲披露だけじゃなくって、ネタというか。私さ、キャラ渋滞起こしてるじゃん。7年間でいろんなキャラ付いてきちゃって。それも込みで私らしくできればいいかなって思って」と説明。冒頭で披露したロボットダンスについて白石麻衣が「きゃーー!もうカッコいいって観てました。今のこの”若”の火照った体と、滴る汗。サイコ―にカッコいい!!」とべた褒め。齋藤飛鳥は「カッコいいのもいいけど、私は可愛い”若”が好きなのよー」とそれぞれに”見たい若月”を猛アピールいていた。

若月本人が乃木坂46の思い出を紡ぎながら作ったセットリストは、「若月が卒業する前にやっておきたい曲ベスト5」からスタート。曲の発表は往年の音楽番組「ザ・ベストテン」を彷彿させる、ボードを模して発表。若月は「先ほども言いましたが、わたくしキャラ渋滞が起きていまして、そちらをですね、卒業を前にちゃんと精算しておかないと、今後も付いて回るので。区切りをつけようという意味でやらせてもらおうと」と話し、ランキングの発表へ。5位は、”付き合ってるの?”疑惑が出た、若月と桜井玲香のラブラブ”れかつき”コンビが歌う『まあいいか?』。結局テイよく桜井がフラれ、この恋は終止符が打たれた。4位は、若月、桜井玲香、秋元真夏、中田花奈の”女子校カルテット”の楽曲『告白の順番』を最初で最後となる生パフォーマンスで会場を沸かせ、若月が”箸休め曲”としてリクエストした2期生の楽曲『ボーダー』では「まだ研究生だった2期生のパフォーマンスを見て、なんて力強いんだと思って、こうやって新しい時代へ引き継いでもらったんだなあって思って、今回やってほしいなと」と理由を話すと、それに答えるかのように、確かに成長した伊藤純奈、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、山崎怜奈、渡辺みり愛が、若月に最高の感謝を込めたパフォーマンスで魅せた。

3位は若様軍団の山下美月、梅澤美波、阪口珠美が最後の共演となる『失恋お掃除人』。ここで、”箸くん”キャラを卒業。最後のネタは「箸くんには今日までたくさんお世話になったね。君と離れ離れになるのはとてもさみしいよ。/何を言っているんだい若様。離れ離れになってから(箸は)何かを掴むことが出来るんだ」と渾身のネタを披露したあと、山口百恵よろしく、ステージに箸を置き、後ろ髪引かれる思い出去っていった。2位は、”男前キャラ”を卒業の意味を込め『低体温のキス』。そして、”この3人でフロントに立てたらいいね”と話したこともあったという曲。卒業後も大事に聞いていきたいと語った、桜井&西野七瀬と歌う『Reinbowあの日』が1位に輝いた。1曲1曲に大切な思い出やエピソードが込められた5曲にファンはさまざまな思いを巡らせたであろう。

ここからは一気にファン垂涎の曲のひとつ『会いたかったのかもしれない』、さらに『ガールズルール』『ロマンティックいか焼き』『制服のマネキン』。最新シングル『帰り道は遠回りしたくなる』とノンストップで披露し本編は終了。

アンコールに応えた若月は黒のドレスに着替え、最後のメッセージとして手紙を読み上げた。「私はメンバー大好きです。みんなのことを失いたくありません」と『失いたくないから』を全員で熱唱。

サプライズでメンバーひとりひとりに「ありがとう」と言いながら花を渡すと、たまらず号泣するメンバーたち。それを優しく微笑みかける感動のシーン。そして”乃木坂46若月”として最後の曲に選んだのは『ダンケシェーン』。意味は”本当にありがとう”。「出逢えたことそれが運命、別れることそれも運命、交わる線、離れる線、過去と未来、今までありがとう」この歌詞に込められた若月の思いの深さを感じ、ファンもありったけの思いを若月にぶつけた。

「新曲の歌詞にあるように”強くなりたい”。強くなって外に出る姿を見せたい。後輩もいるし。昨日も4期生がお披露目されました。新しい風が乃木坂46に入ってきました。私は卒業するけど、乃木坂46はカッコいい、推しがいのあるメンバーばかりです。これからも乃木坂46のことをよろしくお願いします!」と言い残し、「貰うより与え続けたい」という彼女の生き方が色濃く反映された若月らしい”セレモニー”の幕は閉じた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ