香取慎吾、三谷幸喜は「詐欺師かマジシャンか?」 新作舞台で発想に驚き


三谷幸喜が作・演出を手掛けたミュージカル『日本の歴史』が4日、東京・世田谷パブリックシアターにて開幕し、中井貴一、香取慎吾ら出演者がコメントを寄せた。

卑弥呼の時代から太平洋戦争までの1700年に渡る物語をミュージカルで描く『日本の歴史』。1700年の物語に登場する人物は、歴史上の偉人から名もない人々も含め50人以上。それを7人のキャスト、中井貴一、香取慎吾、新納慎也、川平慈英、シルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加だけで、ミュージカルで表現する。音楽は、三谷作品には欠かせない作曲家・荻野清子がオリジナル楽曲を創り上げた。

三谷幸喜、中井貴一、香取慎吾、シルビア・グラブのコメントは以下の通り。

■作・演出:三谷幸喜
誰も観たことのないミュージカルが完成しました。荻野清子さんの独創的な音楽に加えて、女装で踊る中井貴一、香取慎吾のエロ坊主、シルビア・グラブの織田信長、親子三代全員川平慈英。一体誰が想像したでしょうか。でも中身は至って真面目です。

■出演:中井貴一
三谷さんからのお話は二つ返事で受けてきたものの、まさかミュージカルだったなんて(笑)。僕が最近掲げている目標が、前に進むために「この年齢でいかに恥をかくか」なのですが、歌も踊りも初めてのことばかりで必死です。でも、それを素直に新鮮に受け止めている自分がいて刺激的な毎日です。とにかく、この壮大なスト―リーが素晴らしい!皆さんには、「日本の歴史」という言葉にこだわらず、この物語に身を委ねてご覧いただきたいですね。

■出演:香取慎吾
三谷さんとご一緒するのは3年前の映画以来。久々で本当にうれしかったのですが、こういうミュージカルは思いつかないでほしかったです(笑)。歌と踊りはもちろん、7名だけで歴史上の人物からその他大勢までいろんなことをやっています! でも、この物語は、途中の可笑しな場面が最後の切なさにつながったり、あとから刃のように鋭く突き刺さってきます。こういうことを考える三谷さんは、詐欺師かマジシャンか?と思いますね(笑)。

■出演:シルビア・グラブ
台本を読んだだけでは全く想像がつかなかった世界が、どんどん深くドラマチックになっていって、「人間の物語」として感動的です! とても、考えさせられる作品になったと思います。本当にめまぐるしく色んな人物を演じるので全員必死で稽古をしてきましたが、稽古現場に作家の三谷さんと作曲家の荻野清子さんがいて、皆で一緒に創り上げることができたことは、とても贅沢なことだと感じています。全く歴史を知らない人も楽しめる舞台です!

ミュージカル『日本の歴史』は、12月4日~28日に世田谷パブリックシアターにて東京公演、2019年1月6日~13日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて大阪公演を行う。

写真提供:シス・カンパニー

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ