安田聖愛「初めてづくし」モナコ映画祭のレッドカーペットに真紅のドレスで登場

ザテレビジョン

2018/12/4 21:46

高杉真宙が若手歯科技工士役で主演を務める映画「笑顔の向こうに」の公開日が2019年2月15日(金)に決定し、ポスターと予告編が解禁。また、12月3日より開催されている「第16回モナコ国際映画祭」で、ヒロインの安田聖愛ら出演者陣がレッドカーペットを歩いた。

ポスターは、高杉演じる若手歯科技工士・大地の真剣な眼差しが印象的。周囲には家族や医療関係者たちの微笑みがあふれ、大地がどのような技師に成長していくのか楽しみな仕上がりに。一方、予告編は安田演じる幼なじみの真夏との恋を予感させる。

本作は「第16回モナコ国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品され、オープニング作品になっているが、安田の他、池田鉄洋、佐藤藍子、濱田英里、木村祐一がレッドカーペットに登場。

安田は深紅のドレスに身を包み、世界各国から集まった報道陣30人の前でチャーミングな笑顔を見せた。

■ 安田聖愛コメント

初めてのヒロイン、そして初めての海外映画祭参加、レッドカーペット・上映と初めてづくしの映画となりました。海外の方の反応がとても楽しみです。

これを機にさまざまな世代・国の方に歯の大切さを知っていただきたいです。

そして、言葉が通じなくても映画のタイトルのようにたくさんの方に笑顔をお届けしたいです。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171591/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ