元ミニスカポリス・来栖あつこ、不妊治療で「厳しさを痛感」と苦悩を明かす

しらべぇ

2018/12/4 20:30

(画像は来栖あつこオフィシャルブログのスクリーンショット)
元ミニスカポリスとして活躍したタレントの来栖あつこが、現在妊活中のため通院中であることを明かし、「厳しさを痛感」と綴った。

■2月から妊活で通院中


昨年10月に出演した『有吉反省会』(日本テレビ系)で、交際1カ月のスピード結婚をしていたことをカミングアウトした来栖。

4日、「40歳での妊活」と題して、自身のオフィシャルブログを更新。秋のはじめに、安産祈願や子授けなどのご利益で知られている、東京日本橋の「水天宮」に夫とお参りに行ったことを報告。そして今年の2月から、妊活のため通院中であることを明かした。

■「厳しさを痛感して、泣いて」


1年半前、不妊治療の末に出産したという仕事仲間から「1日でも早く行った方がいいっすよ」と助言を受けてから「いよいよ、自分のカラダを考える時が来た」と「不妊」について真剣に考えだしたという。

妊活をはじめて、もうすぐ1年が経過する来栖。「厳しさを痛感して、泣いて」「1ヶ月の頑張りがリセットされる(※生理がくる)度、毎回落ち込み…」と厳しさを痛感して泣いてしまう苦悩を告白。

また、ブログ更新の前日には、病院でリセット宣告を受け「ポンコツでごめんなさい」と夫の前で大泣きしたことも綴った。

■1割の女性が妊活を経験


しらべぇ編集部では、全国の20代~60代の女性670名を対象に経験者の割合を調査した。



その結果、「ある」と答えたのは全体の10.3%。大半の女性は妊活をしたことがないようだ。さらに、年代別で見てみると、30代が最も高い割合を占めた。



「妊活」については、様々な事情を抱えている人も少なくない。相手への配慮が求められる話題だ。

■気が済むまでやりきれ!


来栖は、「不妊治療やめたら出来たって40代の人がいたよ」という励ましはよくあることだが、現在通院中である身からすると、辛い言葉であると吐露。自身は「気が済むまでやりきれ! って言ってくれる事」が正解だそうだ。

「あと数カ月とリミットを決めている」という来栖。水天宮にお礼参りをする姿を想像しながら…気が済むまでやりきってほしい。

・合わせて読みたい→検査の激痛より怖い 『隣の家族は青く見える』で学ぶ不妊治療の落とし穴

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年1月22日~2016年1月24日
対象:全国20代~60代の女性670名

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ