『サバイバー:宿命の大統領』の「指定生存者」って? キーファー・サザーランドが語る

海外ドラマNAVI

2018/12/4 20:00

スーパー!ドラマTVにて本日12月4日(火)22:00より日本初放送となるヒューマンドラマ『サバイバー:宿命の大統領』。大ヒットドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役でおなじみのキーファー・サザーランドが、「指定生存者」であったことから米国大統領に就任する主人公を演じている。原題でもある「指定生存者(Designated Survivor)」について、識者やキーファーのコメントをご紹介しよう。

【関連記事】キーファー・サザーランド、『24』に続き『サバイバー:宿命の大統領』でも現実とシンクロ?

まずは、聞き慣れない言葉「指定生存者」について、ジャーナリストの池上彰はこう解説している。「大統領に、もしものことがあったらどうするか。アメリカは、こうした危機管理が徹底している。例えば大統領と副大統領が同じ飛行機に乗ることはない。大統領専用機が墜落する可能性があるからだ。副大統領に何かがあった時は下院議長、次は......というように17位までの継承順位が決まっている。ところが、大統領と副大統領、それに下院議長が一緒にいなければならない状況が存在する。それが大統領による一般教書演説だ。(中略)もし、ここで何かあったら......。かくして『指定生存者』が指名され、大統領の演説中は議会から離れた場所で待機する」

まさにその状態で待機していたのが、本作でキーファー演じるトム・カークマン。大統領以下の閣僚が一堂に会した一般教書演説の会場、連邦議会議事堂が何者かによって爆破され、議会と内閣は壊滅状態に。上位の政治家全員の死亡が確認され、カークマンは自動的に大統領に任命される。彼は大統領として国を導く責務を背負いながら、抵抗勢力との圧力にも屈せず、爆破犯を探し出すことに奮闘するが...。

製作総指揮を務めるマーク・ゴードンは本作の魅力について、「指定生存者」というシステムによって「ほとんど"ごく普通"の人物がアメリカ合衆国大統領になる」ことだと説明。「もし自分が大統領だったら、どうやって困難な状況の中で国家を維持しようとするか、(本作をきっかけに)みんなも考えてみると思うね。カークマンは内閣の一人だったけど、大統領になることには興味がなかった。だから"ごく普通"の、誰もが共感できるような人間がアメリカ合衆国政府を率いるというアイデアはものすごく面白いと思ったし、視聴者にも楽しんでもらえる作品になると感じたんだ」と述べた。

そんなごく普通の人物を演じるキーファーは、「彼は全くもって(大統領になる)心の準備ができていなかった」と、カークマンにとっても寝耳に水の人事だったことを強調。そして「ドラマが続く中で楽しみなのは、昔から言われる疑問にどう答えるかだよ。腐敗した人間が権力の座に就くのか、それとも権力を持つことで腐敗するのか。彼のような善人が長い道のりの中でどうなっていくのか楽しみなんだ」と、今後の展開を楽しみにしていることも明かしている。

『サバイバー:宿命の大統領』はスーパー!ドラマTVにて12月4日(火)22:00より放送スタート。視聴記録が付けられるシーズン1の作品データベースはこちら!(海外ドラマNAVI)

Photo:『サバイバー:宿命の大統領』
(C) 2016 American Broadcasting Companies, Inc. All rights reserved. (C) 2017 American Broadcasting Companies, Inc. All rights reserved.

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ