水谷豊、娘・趣里のヌードを問題視か 「親として気持ちわかる」と共感の声

しらべぇ

2018/12/4 19:20

(ppengcreative/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)
俳優の水谷豊(66)が娘・趣里(28)の女優活動の方向性を問題視していると、4日発売の女性誌『女性自身』に報じられた。

インターネット上では、「親としての気持ちがわかる」と水谷に共感する声があがっている。

■趣里のヌードがPRの1つに


報道によると、水谷が問題視しているのは11月9日に後悔された趣里の主演映画『生きてるだけで、愛。』の一場面。趣里演じる主人公がクライマックスで服を脱ぎながら商店街を疾走するというシーンだという。

本作が趣里の「初ヌード」をPRのひとつとして公表されていることが腑に落ちないよう。「一度脱ぐをすることによって、女優として今後の作品選びに支障が出てしまうのではないか」と心配しているとのことだ。

■水谷の気持ちに共感の声


今回の報道を受け、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、水谷に対して「気持ちがわかる」「平気なわけがない」との声があがっている。

「あらー、親としてはやはり複雑だよね。すごい華奢だし言われるのは嫌だよね」

「ほかの女優さんの親も娘がヌードになって平気なわけない」

「親なら誰でも嫌でしょう。氷の微笑のあの演技でシャロンストーンのお父さんもショック受けて激怒したらしいからね。寺島しのぶの両親だって嫌だって言ってるしね」

「作品によってはヌードになることが必然なものもあるけど、このシーンは裸である必要あったのかな? 話題性のためだけに脱がされたパターンだとすると、親としては一層深いに思うよね」

■親に反対されて夢を諦めた経験は?


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,498名を対象に、「夢」について調査したところ、全体のおよそ2割の人が「親に反対されて夢を諦めたことがある」と回答した。



水谷が娘・趣里の芸能活動の方向性に対して思うところがあるという今回の報道。記事の中では、ふたりの親子仲が険悪ともされているが、親として心配な水谷の気持ちに共感の声があがる結果になった。

・合わせて読みたい→早大セクハラ騒動、別教授の「口止め」認める ネットの怪文書も話題に

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1498名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ