神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』ONE OK ROCKの主題歌が流れる予告公開

クランクイン!

2018/12/4 18:17

 俳優の神木隆之介と女優の有村架純が共演し、三木孝浩監督がメガホンを取る映画『フォルトゥナの瞳』より最新予告映像が到着。ロックバンド、ONE OK ROCKが手掛けた主題歌が初解禁された。主演の神木は「メンバーの皆さんとは交流があるので、今回ご一緒できることは運命だと思いました」と語っている。

【写真】「神木隆之介」フォトギャラリー

本作は、映画『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』の原作者として知られる百田尚樹による同名小説を実写映画化。主人公は、幼少期に飛行機事故で家族を失い、孤独に生きてきた男・木山慎一郎(神木)。ある日、“死が近い人が透けて見える能力”を持っていることに気づいた慎一郎は、孤独だった自分の人生に光を与える桐生葵(有村)と出会う。葵と幸福な日々を送る慎一郎だったが、次第に葵の身体が透け始め…。

7日から劇場スクリーンにて流れる予告編は、神木演じる慎一郎が有村演じる葵と出会い、真剣な表情で想いを告げ、思いが通じ合った2人の幸せな日々を描く映像からスタート。しかし、2人が「私たち、未来を生きていくの」と誓った矢先に葵の身体が透けているのに慎一郎が気づいてしまう。映像のラストは「2人の運命の結末は、秘密にしてください」と観客に訴えかける構成となっており、衝撃のラストが待ち受けていることを予感させる。

本作の主題歌は、ONE OK ROCKの来年2月13日に発売されるアルバム『Eye of the Storm』にも収録されるバラード『In the Stars(feat, Kiiara)』に決定。同バンドは挿入歌も担当する。このたび予告編で解禁された主題歌を聴いた神木は、「初めて聴いた時は涙が出ました。この映画に一段と色を付けてくれるような楽曲です」とコメントを寄せ、三木監督は「この広い宇宙の片隅で、健気に愛を育む慎一郎と葵。その二人の愛を優しく照らす灯火の様に聴こえて、心震えました」と感激したことを明かしている。

映画『フォルトゥナの瞳』は2019年2月15日より全国公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ