夏帆が左遷された女子アナ役『きばいやんせ!私』泥だらけビジュアル公開

クランクイン!

2018/12/4 18:45

 女優の夏帆が主演を務める映画『きばいやんせ!私』の公開日が2019年3月9日に決定し、夏帆が泥だらけでマイクを持つ姿を捉えたポスタービジュアルが解禁された。

【写真】女子アナを演じる夏帆『きばいやんせ!私』場面写真

本作は、2015年日本アカデミー賞で主演女優賞や脚本賞ほか数々の賞を獲得した映画『百円の恋』の武正晴監督と脚本家・足立紳のコンビで送るヒューマンドラマ。本土最南端の町・鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台に、不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、左遷されて将来を見失った女子アナ・児島貴子(夏帆)が、南大隅町の「御崎祭り」の取材を通して現地の人々と触れ合う中で前向きに変化していく姿をユーモアを交えて描く。

夏帆演じる貴子の町の案内役を託された畜産業で働くぶっきらぼうな青年・橋脇太郎を太賀が演じるほか、岡山天音、坂田聡、鶴見辰吾、愛華みれ、榎木孝明、伊吹吾郎らが脇を固める。

不倫騒ぎを起こし、番組のMCを降ろされた上に左遷され、“クソ女”と思われている女子アナのコジタカこと児島貴子(夏帆)。貴子は、自身が幼い頃に過ごしたことのある南大隅町の「御崎祭り」の取材を命じられる。嫌々現地に入り、おざなりの取材を続けていた貴子だが、この町を必死に盛り上げようとしている畜産業の同級生・橋脇太郎(太賀)や役場の職員たち、食堂で働く町民らが1300年続く「御崎祭り」を続けるために奮闘する姿に触れるうち、やがてこの町の伝統文化を伝えたいという使命を感じるようになる。

ポスタービジュアルは、鹿児島県肝属郡南大隅町の佐多岬を絵画のように表現した風景をバックに、泥のついた顔でマイクを持つ女子アナ・児島貴子に扮する夏帆が大きく映し出されたもの。その周囲をほかの出演者たちがにぎやかに彩り、「『クソ女』のまんまじゃ、終われない。」というキャッチコピーも添えられ、どん底からの復活を遂げる夏帆の演技に期待が高まる1枚となっている。

映画『きばいやんせ!私』は、2019年3月9日より全国公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ