「炎上弁護人」真木よう子『ネットの社会も“人”対“人”ということに気付いた』

ザテレビジョン

2018/12/4 18:15

12月4日(火)に真木よう子主演ドラマ「炎上弁護人」(NHK総合ほか)の試写会が行われ、主演の真木の他、仲里依紗、岩田剛典らが登壇した。

本作は、自宅兼事務所でネットに関わる案件を主に取り扱う弁護士・美帆(真木)と、タレント並みのフォロー数を誇っていたが、あることをきっかけに炎上してしまった“炎上主婦”・朋美(仲里依紗)が、依頼人と弁護士と言う垣根を越えて固い絆で結ばれていく姿を描くヒューマンドラマ。

前日に完成した本編を見たという真木は「画面につぶやきが出てくるところなどがリアルで、面白かったです」と語り、「美帆はすごく自分に近いので、やりやすかったです。“炎上”という傷ついてしまう人がいるテーマですけど、やっていて爽快感がありました」と撮影を振り返った。

劇中では岩田が演じる、WEBニュース記者の馬場がネットの声に応えるべく、美帆や朋美を追いかけ手持ちの小型カメラでその姿を捉えていくが、岩田が実際に撮影したものも本編で多く使われており、真木はこの映像について「上手く撮れていたので、岩田さんが撮っているものを使ってると聞いてすごいなと思いました」と関心。

褒められた岩田は「大丈夫かなと思うくらい使われてます(笑)。でも、手ぶれ感や息遣いが見えるカメラワークを、監督に褒めてもらいました」とうれしそうに語った。

そして、劇中で馬場が朋美に直撃取材する緊迫感のあるライブ中継をするシーンでは、岩田が「しっかりとお二人の表情を抑えないといけないミッションがあったので、違うところを見ていても目線のどこかに画面を入れて意識してました。違う神経を使ってやってましたね」と芝居とは違う緊張感があったことも明かした。

■ 「ネットの社会も人対人」

また、3人はこの作品を通してSNSへの見方が変わったという。真木は「美帆は最初『ネットの向こうは魑魅魍魎(ちみもうりょう)』と言っているけど、ネットの社会も人対人ということに気付いたんです。私も、役に伴って気付いた部分ではあって、得体の知れないものがうごめいているのではなく、人が書いているもの、というのはすごく思いました」と語った。

また、仲は「私自身もSNSをやっているので、炎上という事象は自分の身に近い感覚がありました。楽しくやっていても、もしかしたら誰かが傷ついているのかもしれないと思ったり、いろいろと考えるきっかけになりました」と自身とSNSの関係を考えつつコメントした。

そして、岩田は「SNSは文字でしか伝わらない部分もあるけど、書き込んだ人の気持ちがあって、伝達方法が違えど人の気持ちを伝えられるツールだなと改めて思いました。現代において人と人がしっかり向き合うことの難しさを考えさせられました」としみじみ。

さらに、「普段は取材をしていただく機会が多い仕事ですが、こうして逆の立場になると、一つ一つの質問に対して答えるのも人と人とのやりとりなんだなと感じました。この役をやったことで、人に対して優しくなれた気がします」と語った。

本作は12月12日の夜7時からNHK BS4Kで先行放送。そして、12月15日(土)の夜9時からNHK総合で放送される。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171494/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ