三菱ふそう、トラック隊列走行の後続車有人システム実証実験に参加

オートプルーブ

2018/12/4 16:30

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、2018年12月4日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間でのトラック隊列走行の後続車有人システム実証実験に参加する。

googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stleft_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274944614-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274917329-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});三菱ふそうは2018年1月~2月に実施された新東名高速および北関東自動車道の実証実験、さらに2018年11月実施の上信越道での実証実験に引き続き、今回、12月4日に開始される新東名高速道路での実証実験に参加することとなった。今回の実証実験はCACC(Cooperative Adaptive Cruise Control、協調型車間距離維持支援システム:通信で先行車の制御情報を受信し、加減速を自動で行い、車間距離を一定に保つ機能)に加えて、新たな技術としてLKA(Lane Keep Assist、車線維持支援システム:白線を検知して車線内での走行を維持できるようステアリングを調整する機能)を活用することを目的としている。

全文を読む >

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ