チュート徳井の“誇大妄想力”は、もはや特殊能力!? AbemaTV『妄想不動産』で大暴走

日刊サイゾー

2018/12/4 17:00


 12月2日、AbemaTVにて『妄想不動産』が放送された。番組内容は、端的に言うとプロファイリング。他人の家の写真や映像を元に、住人の外見・性格・生きざまを予想し、トークするプログラムである。

今、プロファイリングと述べたが、要するに妄想だ。「たこ足配線してるということは、貞操観念が甘い」など根拠不明の論にのっとって、住人のパーソナリティについて勝手にドラマを作り、妄想を膨らませる。

以前、当サイトで『全人類がリサーチャー! 特定せよ!』(フジテレビ系)を取り上げたが(参照記事)、あちらは確固たる情報を元に正解へたどり着こうとしていた。リサーチ力が重要になってくるが、こちらは妄想力が肝になる。

この番組で司会を務めたのは、チュートリアルの徳井義実と元・テレビ東京の大橋未歩アナ。「妄想」を専売特許にする芸能人といえば、今までは真っ先に関根勤が思い浮かんだ。松たか子との交際を妄想するも「お父さんの舞台を観に行き、タニマチのところにも行かなきゃいけないのが耐えられないので別れた」とキメの細かいストーリーを構築するほどの達人である。

しかし、徳井も負けていなかった。キメの細かさは関根に譲るが、徳井の妄想には歩幅の大きさがある。妄想が飛躍するのだ。若さゆえだろう。

■徳井の妄想の正解率は低い


 一番目に登場したのは「看護師になるはずが●●になった女性」の部屋。この「●●」にあたる部分を妄想する。まず、部屋の間取りが紹介された。住所は東京・麻布十番。間取りは8階立てマンションの5階の1Kで、家賃14万円。住人は女性で24歳だ。真っ先に目が留まるのは「24歳にして家賃14万円」というバブリーな生活についてだ。

「麻布十番で、月14万円を24歳にして払っている。これ、夜の香りがしてくるんですねえ」(徳井)

そこまでは、きっと多くの人が予想できる域。ここからが徳井節だ。少し長いが、彼による妄想をそのまま引用しよう。

「アルバイトしながら看護学校に行っていた。でも、ある時に悪い男に出会ってしまって、そいつがギャンブルか何かに使うための金をせびるようになってきた。『これ渡したら学費を払えなくなってしまう。でも、彼のことが好き』と、ちょっとずつ払ってるうちに学校を辞めなきゃいけなくなってしまった。そんな矢先に、その彼はほかに女が何人もいることがわかるんですよ。でも、彼女が『私、それでもいい。そばにいて』って言ったら、彼は『おまえ、面倒くさいな』と無残にも捨てられるんですね。傷ついた心を抱えながら六本木を歩いていた彼女は、キャッチのお兄さんにつかまった。すごい高級店じゃないです。そこそこのクラブで働くことによって、家賃14万円を捻出している。そんな、24歳の冬」

なぜ、間取りの情報だけでここまで行けてしまうのか?

そんな徳井に、住人についての情報が追加されていった。まずは、玄関の写真。所有しているのはスニーカーばかりだ。

「出勤したらヒールに履き替えるから、それまではスニーカーでええねん。だから、ホステスさん?」

加えて、玄関付近にはウォーターサーバー用の水のダンボールが積み上げられていた。

「定期的に来る水がたまっているということは、ウォーターサーバーの水が減っていない。あまり家にいないんですよ」

リビングの写真を見ると、約80体ものシナモロールのぬいぐるみが棚に収まっていた。

「夜のお店だとしたら、『シナモロールが好きなんだぁ』って言うのを聞いたお客さんが、たくさんくれた可能性がありますね。で、同じぬいぐるみが何点かあるでしょ? プレゼントがかぶったんでしょう」

ここまで見事な妄想を膨らませてきた徳井には残酷だが、住人の正体は実はキャバクラ嬢ではない。そうとわかれば、一から妄想のし直しである。

改めてのプロファイリングで徳井が注目したのは、住人が施すネイルのカラーだ。赤と黒を基調にした妖艶なデザインである。この趣味から、彼はSMの雰囲気を感じ取ったようだ。

「女王様って、Mの気持ちがわからないとできないんですよね。攻め立ててるように見えて、人のしてほしいことをしてるんですよ。で、患者さんのしてほしいことをするのが看護師さん。そういう意味で、看護師さんとSMの女王様はつながってくるんですよね」

「看護師さんをあきらめたのは、男に騙されたからじゃなかったんや。『患者さんに医療行為をする。人を救うって、本当にそういうことなんだろうか? もっと、ほかの救い方があるんじゃないか』ってところから、SMの女王様になった。SMというものに救いを見たんじゃないですか?」

さて、気になる正解の発表だ。実は、キャバ嬢もSMの女王様もハズレである。住人の正体はバーレスク東京のダンサー。学生時代は人気者で、学園祭でダンスを披露するなどの青春時代を送り、友人から「看護師になるのもったいないよ」と言われ、ダンスの世界へ転身したとのこと。

でも、はっきり言って正解不正解は大した問題ではない。どのように妄想の階段を上がり、勝手に確信を深め、正解へ行き着いたつもりになるのかが醍醐味なのだから。

■その誇大妄想力は特殊能力の域


 とにかく、徳井の妄想が広がるスピードに驚愕である。世田谷区1K(家賃6万円)の22歳女性の部屋を見る時も、ものすごい歩幅だった。

この部屋の台所には、「知多」など数多くのウイスキーが並べられていた。

「お酒飲まないとやってられない。若くして付き合ってた彼との間に子どもができて、子どもができたことを彼に言うかすごく迷って、言ったら男の人はその時は『よかった、結婚しようか』って言ってたけども、1~2週間すると連絡が取れなくなり、彼女はひとりでその子を育てていくことを決意したんですよ。愛知県の南知多町から出てきたんです」

何がどうなってシングルマザーという人物像に行き着いたのだろう? 案の定、この部屋の住人は、シングルマザーではなかった。正解は、若きイラストレーターである。

徳井の妄想は、基本的に対象に向き合っていない。情報を手に入れた途端、己の欲求と経験値に向き合ってしまう。そして、勝手な小説を構築する。でも、妄想ってそういうものだ。だから、正解率は大した問題ではないのだ。理解不能な誇大妄想力を評価したい。

徳井の妄想が正解に行き着いていたら、逆に怖い。ハズレてるから救われる。だから、かろうじてバラエティになる。当たってたら、もはやエスパーだ。いや、この妄想力はすでに特殊能力の域かもしれないが。

(文=寺西ジャジューカ)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ