極上文學『こゝろ』読み師の櫻井圭登、内海啓貴、平野良ら9名のビジュアル公開

エンタステージ

2018/12/4 13:25


010907.jpg

2018年12月に上演される極上文學の第13弾公演『こゝろ』。このほど、同作の「読み師」9名のキャラクタービジュアルが公開となった。

極上文學とは、「読み師」であるメインキャストの周りを「具現師」が 舞い、「語り師」が彩りを添える舞台作品。ビジュアルや音楽、動きによって日本文學の世界をより立体的に表現する。

「読み師」には”私”役の櫻井圭登、内海啓貴、K役の芹沢尚哉、松井勇歩(劇団 Patch)、釣本南(Candy Boy)、妻役の白石康介、東拓海、先生役の藤原祐規、平野良らが名を連ねている。

なお語り師を務めるのは、伊東健人(『アイドルマスター SideM』硲道夫役など)、駒田航(『あんさんぶるスターズ!』/椚章臣役など)、沢城千春(『A3!』/摂津万里役など)、寺島惇太(『KING OF PRISM』シリーズ/一条シン役など)、西山宏太朗(『あんさんぶるスターズ!』/深海奏汰役など)、野上翔(『アイドルマスター SideM』/伊瀬谷四季役など)、村田太志(『刀剣乱舞』/後藤藤四郎役など)ら7名。

本格文學朗読演劇シリーズ 極上文學 第13弾『こゝろ』は、12月13日(木)から12月18日(火)まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演される。

【公式HP】https://www.gekijooo.net/

 

(C)2012 CLIE/MAG.net

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ