真木よう子、記者に囲まれるシーン「恐怖でした」 主演ドラマで価値観変化<炎上弁護人>

モデルプレス

2018/12/4 13:06

【真木よう子/モデルプレス=12月4日】女優の真木よう子、仲里依紗、EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が4日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた土曜スペシャルドラマ『炎上弁護人』(NHK総合、12月15日放送よる9時~)の記者会見に出席した。

◆真木よう子、記者に囲まれるシーン「恐怖でした」



同作は、ネット世論によって犯人が決めつけられ、“裁き”が下されかねない時代に立ち向かう、一人の弁護士を描いたヒューマンドラマ。

世間やマスコミにバッシングされ“社会の敵”となった人々を担当するアウトローな弁護士・渡会美帆を演じた主演の真木は役柄について「すごく自分に近い」と明かし、「炎上というとあまり良くない、傷ついてしまう人がいるテーマではありますが、やっていて爽快感がありました」と撮影の感想を告白。

仲演じる主婦・日下部朋美が炎上するきっかけとなるモデル・ルームが火事になるシーンでは、CGを使用せず実際に燃やしたそうで「(完成した作品を)お母さんと一緒に観ていたんですけど、本当に燃やしたんだよって言ったら、えっどこを?って」とその迫力に驚いていたというエピソードを披露した。

また、同作ではSNSがテーマとなっているが、役柄を通し「(ネットも)人対人だって気がついたところがある。得体のしれない何かが蠢いているのではなく、人が書いているものだというのは思いました」とSNSの“在り方”に対して価値観の変化があったよう。劇中で記者から囲まれるシーンについては「ものすごいマイクとか人から結構な至近距離で囲まれて恐怖でした」と振り返り、「悪いことはしないようにします」と会場の笑いを誘った。

◆仲里依紗&岩田剛典の印象は?



このほか、映画「モテキ」(2011年)以来の共演だという仲との共演の感想を聞かれると、「『モテキ』で1回共演ということにはなっているんですけど、絡みがなかったので(今回が)初絡み。2人ともすごい人見知りだったので、いつ話しかけていいのかな?って思ってたら(撮影が)終わっちゃったんです。ようやく仲良くなれるって思ったくらいに終わって悔しいので、また共演させていただいて仲良くなりたい」と願望を吐露。

朋美の事件を追いかけるWebニュースの記者・馬場明役を演じた岩田に関しては「隠しきれない好青年、人の良さ、爽やかさ」が出ていたと印象を明かしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ