玉田志織、『私のおじさん』でドラマ初出演「最後まで全力で駆け抜けたい」

AbemaTIMES

2018/12/4 12:15


 「第15回全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞の玉田志織が、2019年1月スタートのドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)にレギュラー出演することがわかった。

玉田は、2017年8月に同コンテストで審査員特別賞を受賞後、19代目ユニチカマスコットガールに選出、「第90回記念選抜高等学校野球選抜大会」のセンバツ応援イメージキャラクターに就任した。2018年6月にはファースト写真集『はじめまして16歳』(ワニブックス)を発売し、同年9月に行われたオスカープロモーションによる「2018女優宣言お披露目記者発表会」では、岡田結実と宮本茉由とともに女優宣言をし、ついに女優デビューの情報が解禁となった。

玉田は今回のドラマで、主人公の一ノ瀬ひかり(岡田結実)や妖精のおじさん(遠藤憲一)、更には『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』の番組スタッフが集う、テレドリーム近くの居酒屋の店員・来夢(らいむ)を演じる。

 白い割烹着に赤いエプロン姿でいつも元気で常連客にも慕われる看板娘で、たまに妖精のおじさんが見えているような、声が聞こえているような様子を見せるが、真相については謎。そんな役どころに玉田は「舞台ともなるテレビのバラエティ番組を作っている制作会社の人たちが集まる居酒屋で働く看板娘で、いつもニコニコして、少し天然な感じです。主演の岡田結実さんとの関係にも妙味がありそうで楽しみです!」とコメント。

また、女優宣言をして有言実行の形で今回のドラマの役を勝ち取ったことについて、「女優宣言した時は、本当に緊張していたのであまり覚えていないのですが、女優になると宣言したので、どんな役にも真剣に向き合っていこうと決心しました。女優宣言をしてからたくさんレッスンをして、自信を持って頂いた役に向き合えるように努力してきました!」と気合十分。目標とする女優には「米倉涼子」の名前を挙げ、「事務所の先輩で、ずっと尊敬している女優さんです!いつも明るくて現場を盛り上げる女優さんになりたいので、渡辺直美さんにも憧れています!」と語った。

 「凄すぎる大先輩の俳優さんが揃っていて、台本を読んでいる途中で笑ってしまうくらい、内容が面白かったです。私は初めてのドラマ出演で緊張と不安もあるのですが、最後まで全力で駆け抜けていきたいと思います!」と最後に意気込みを語った。

(C)テレビ朝日

▶︎ ミスマガジンが水着で大集合し矢口大興奮

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ