神木隆之介も涙!ONE OK ROCKが『フォルトゥナの瞳』主題歌・挿入歌に決定

Movie Walker

2018/12/4 12:00

神木隆之介と有村架純、三木孝浩監督がタッグを組み『永遠の0』(12)や『海賊と呼ばれた男』(16)の原作者として知られる百田尚樹の同名小説を実写映画化した『フォルトゥナの瞳』(2019年2月15日公開)。このたび本作の予告編が完成し、主題歌・挿入歌をロックバンド、ONE OK ROCKが担当することが明らかになった。

本作は「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力を持つ青年・木山慎一郎が、最愛の女性である桐生葵の“死の運命”に立ち向かっていくラブストーリー。神木と有村は本作が4度目の共演となり、20年以上のキャリアを持つ神木にとって初めての本格ラブストーリーということに大きな注目が集まっている。

このたび完成した最新予告映像は、神木演じる慎一郎と有村演じる葵の出会いから幕を開け、想いが通じ合った2人の幸せな日々と、その先に待ち受けている切ない運命、そして葵を救うために奔走する慎一郎の姿が描き出されていく。さらに「二人の運命の結末は、秘密にしてください」という意味深な言葉で締めくくられ、衝撃的な結末が待ち受けていることを予感させる仕上がりに。

また、この予告映像の中ではONE OK ROCKが担当する主題歌「In the Stars(feat, Kiiara)」が初解禁。すでにライブツアーなどで披露されて話題沸騰中のこの楽曲は、かねてからの友人であるKiiaraとコラボを果たした、彼らの楽曲の中でも稀有なバラード。

ONE OK ROCKが主題歌を担当することに神木は「とてもうれしかったです。今回ご一緒できることは運命だと思いました」と語り、楽曲を聴いて涙を流したことも明かしている。「In the Stars(feat, Kiiara)」は本作の公開直前の19年2月13日(水)に発売されるアルバム「Eye on the Storm」に収録。美しいハーモニーが三木監督作品特有の映像美とどのようにシンクロしていくのか楽しみだ!

<キャスト・スタッフコメント>

●神木隆之介

「主題歌がONE OK ROCKと聞いて、とても嬉しかったです。Taka君を始め、メンバーの皆さんとは交流があるので、今回ご一緒出来ることは運命だと思いました。『In the Stars(feat, Kiiara)』を初めて聴いた時は涙が出ました。この映画に一段と色を付けてくれるような楽曲です。2月13日に発売されるアルバムに収録されるということで、皆様も是非楽しみにしていて下さい」

●三木孝浩監督

「この広い宇宙の片隅で、健気に愛を育む慎一郎と葵。その二人の愛を優しく照らす灯火の様に聴こえて、心震えました。映画を観た人の心に、この歌がいつまでも鳴り響いてそれぞれの胸の内にある、誰かを想う大切な気持ちにもきっと光を届けてくれると思います」(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/171466/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ