チキンナゲット欲しさに性的オファーした前科12犯の女 店員や警官に暴行も実刑免れる(英)

このほど英マンチェスターで、4児の母親でありながら前科12犯という犯罪歴を持つ女が再逮捕された。女はテイクアウト店でチキンナゲットを無料にしろと要求し、断られると逆上してスタッフに差別的発言や暴行を加え、更には駆けつけた警察官にまで唾を吐くなどの行為に及んだ。しかし今回またしても実刑判決を免れたことに、世間からは再びの英司法の甘さを批判する声があがっている。『Manchester Evening News』『The Sun』などが伝えた。

マンチェスター、ウィゼンショウウに住む4児の母親ケリー・フィールディングは、9月29日の真夜中を過ぎた時間帯にノーザンデンにあるフライドチキン店「Chesters Chicken(チェスターズ・チキン)」に来店し、無料でチキンナゲットを提供するよう要求した。

ケリーは店のスタッフに「タダにしてくれたら性的サービスをするわよ」ともちかけた。スタッフがこれを拒否するとケリーは逆上し暴言を吐いたため、スタッフはケリーにチキンウイング4つを無料で提供し、店から出ていくよう願い出た。ところがケリーはなおも攻撃的な態度を取り続け、スタッフとマネージャーがケリーを店の外へ促すと、ケリーはスタッフの顔を叩き「このくそったれのパキスタン人が!」と差別用語で罵った。

通報を受けて駆けつけた警官らは、ケリーのことを知っていたようだ。騒ぎを止めないケリーに対し警官の1人が逮捕のための手錠をかけようとしたところ、ケリーは警官を蹴り上げた。2人がかりで取り押さえようとすると、暴れるケリーは唾を吐くなどの行為に出たが、警官らは何とかケリーを床に抑え込んで逮捕した。

警察の取り調べでは、ケリーは「自己防衛でやったこと」「店のスタッフに苦情を訴えてやりたい」などと話していたが、監視カメラの映像が証拠となり、ケリーは人種差別的な嫌がらせおよび、苦痛を与え殴打による暴力を働き警官への2件の暴行に及んだ罪で起訴され、マンチェスター刑事法院では本人もその罪を認めた。

実はケリー、過去に12件もの前科を持っており、そのほとんどが故意の暴行や人種差別的暴行、また公共の秩序を乱した行為により有罪判決を受けたものだった。しかも今回の逮捕は、前回薬物を刑務所内に持ち込もうとして有罪判決を受けた執行猶予中の犯行であった。

法廷では、ケリーが過去に飲酒や薬物の問題を抱えていたことを弁護人が明かし、「誰の目から見ても許し難い行為」と糾弾するも、ケリーが拘留されれば逆に攻撃を受けるなどして被害者となるリスクが高いことから実刑を免除するよう判事に申し出た。判事は、ケリーを「悲劇的な過去を持つ被告人」として「これがラストチャンス」と述べたうえで1年半の地域奉仕活動命令を言い渡し、またしても実刑判決を下すことはなかった。

度重なる犯行にもかかわらず再びの甘い判決が出たことに、世間からは「また女だからこんな甘い判決なのか」「監視カメラの映像があって被害者も助かったな。そうでないとこんな女、どんな嘘をつくかわかったもんじゃない」「チキンナゲットをタダで貰えなかったからキレたんじゃなく、性的サービスのオファーを蹴ったからキレたんだろうな」「この女、いい加減恥を知れ」「英司法の甘さにはほとほとウンザリさせられる」「こんな判決、言葉もない」「これだけの前科があるのに、まだこんな甘い判決なんて…。英司法は絶対に改善されるべきよ!!」「こんな女に地域奉仕される方も迷惑だろ」「子供たちもこんな親をさそがし誇りに思うだろうな」「この母親、また子供のところに戻るの? 子供たちにとってこの母親が悪影響なのは間違いないよね。親権を持たせることは危険だよ」といった批判の声があがっている。

画像は『Manchester Evening News 2018年11月30日付「Mum offered ‘sexual favours’ for fried chicken before racially abusing takeaway worker and spitting at police officer」(Image: MEN)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ