【効果効能別で食す】秋冬はやっぱりお鍋!女性にいいことづくめの鍋料理レシピ

YOGA HACK

2018/12/4 12:07

秋冬は毎日でも食べたい鍋料理!


寒くなってくると毎日でも食べたい鍋料理。具材もさまざま、味のバリエーションも豊富です。今回は女性にさまざまな嬉しい効果をもたらす鍋を6種類ご紹介します。

ダイエット&美容効果】水炊き鍋


”身体もあったまって最高においしい。シンプルな水炊き鍋が一番!”

コクのある鶏ガラスープに鶏肉・好きな具材を加えて作る水炊き。鶏ガラを煮込んで作るスープにも、鶏肉の皮にもコラーゲンたっぷりです。さらに具材は野菜とキノコなどのヘルシー食材なので、カロリーも控えめでダイエット中にもおすすめの鍋です。

【レシピ】
白菜・水菜・ねぎ・キノコ類などの野菜しょうが骨付きもも肉鶏もも肉鶏ガラスープ
鶏ガラスープにしょうがを入れ、ことことと煮てさらに骨つきもも肉を入れる。アクをすくいながら煮たら、具材を入れてさっと煮る。お好みでポン酢と一緒に食べる。

【締めにおすすめ素材】

ご飯を入れて雑炊に。またはそうめんを入れてにゅうめんとしてつるつる楽しむのもグッド!

【美容効果UPの1食材!】

+豆乳で美肌効果アップ!水炊きを充分楽しんだら途中で豆乳を加えて味変&美容効果を狙っちゃいましょう!

【栄養バランスアップ効果】寄せ鍋


”やっぱり寒くなってきたらお鍋♡今回は鳥の手羽元&鶏団子のダブルで鶏のうまみたっぷり。お野菜たっぷりであったまるしきれいにもなって、冬はやっぱりこれ♡”

だし汁に野菜やキノコ類・豆腐や糸こん・肉や魚介など好きなものを入れてグツグツ煮ていただく寄せ鍋。さまざまな食材をいっぺんに楽しめるのが魅力で、必然的に栄養バランスが取れているのがこの寄せ鍋の嬉しいところ。

手軽に自宅の冷蔵庫にある残り物などで楽しめるので、家庭でもっとも登場回数の多い鍋といえるでしょう。

【レシピ】
春菊・大根・白菜・ねぎ・きのこ類などのお好みの野菜糸こんにゃくや豆腐肉類・魚介類だし汁
だし汁に具材を入れて煮込む。スープごと食べられる。

【締めにおすすめ素材】

お米やうどんを入れて。

【美容効果UPの1食材!】

キノコを増やしたり、こんにゃくを足すことで便秘解消作用がアップするかも!

【美白効果】トマト鍋



”冷蔵庫にあるものを入れてみたらスープがおいしい♡これなら子ども達もいろんな野菜を食べてくれる。締めはチーズとお米でオムライス!”

時にはちょっと雰囲気を変えて洋風に鍋を楽しみたい。そんな人におすすめなのがトマト鍋。トマト缶で始めから具材を煮込んでもよし、肉やウインナーなどを炒めてからトマト缶を入れて他の具材を煮込むのもよし。トマトはアンチエイジング効果が高いとされ、美肌や美白を目指す女性がせっせと取り入れている食材です。

そんなトマトをまるごと吸収できるのがこのトマト鍋。しめのリゾットやパスタの時にはチーズとともにオリーブオイルをひと回しすると風味が豊かです。

【レシピ】
トマト・キャベツ・玉ねぎ・じゃがいも・きのこ類などのお好みの野菜ウインナーやソーセージ・鶏肉などトマト缶コンソメ
トマト缶にコンソメを加え、具材を入れて煮込む。スープごと食べられる。

【締めにおすすめ素材】

お米やパスタを加えて、とろけるチーズやパルメザンチーズをふる。

【美容効果UPの1食材!】

ビタミンEを多く含むかぼちゃやほうれん草は、リコピンの吸収作用を助けるのでおすすめ。

【美肌効果】豆乳鍋



”朝から「豆乳鶏つくね鍋」。締めのチーズリゾットがまたサイコー!”

肌にいいとされるビタミンが豊富に含まれる豆乳。鶏ガラスープのコラーゲンと豆乳のもつイソフラボン・ビタミンで美肌効果が期待できるのが豆乳鍋。はじめに生姜やニンニク・ネギをごま油で炒めて豆乳・鶏ガラスープで具材を煮込めばよりコクと旨味がアップします。

ぴりっとした唐辛子やラー油とも相性がよく、豆乳のまろやかさに適度な刺激がマッチ。おいしさに箸が止まりません。

【レシピ】
春菊・キノコ類・白菜などのお好みの野菜鶏つくねや豚肉などのお肉豆腐鶏ガラスープ豆乳
鶏ガラスープに豆乳を加え、具材を入れて煮込む。味噌や練りゴマを加えて味を整えるのもおすすめ。スープごと食べられる。

【締めにおすすめ素材】

お米やうどんを入れて。

【美容効果UPの1食材!】

鶏肉と味噌を入れると美肌効果がアップして、さらに生姜で身体の内側からぽかぽか。

【美容&健康効果】味噌鍋


”味噌煮込みの鍋。卵を落として食べたらごはんがとまりません!”

味噌のコク・野菜の甘み・肉から出る旨味。三位一体揃った味噌鍋も身体が芯からあたたまる人気鍋です。発酵食である味噌には栄養がたっぷり。美容だけでなく、健康づくりにも欠かせない味噌をベースに、たっぷりの野菜を煮るので、健康にも美容にもいいのはもちろん。

大豆イソフラボンと乳がん発生率の研究がされ、味噌を取ることは乳がん発生率の減少につながるとの関係が示されたようです。おいしく健康・美容効果も期待できるなんて最高ですね!

【レシピ】
ねぎ・しいたけ・白菜・もやしなどのお好みの野菜鶏肉・豚肉あぶらあげや豆腐だし汁お好みの味噌。
だし汁に味噌をとき、具材を入れて煮込む。一味をかけてスープごと食べられる。

【締めにおすすめ素材】

うどんを加えて味噌煮込みうどんに。

【美容効果UPの1食材!】

わかめやねぎで食物繊維アップ!納豆を加えて乳酸菌を増やすと腸内環境を整える効果が期待できます。

【美肌&疲労回復効果】キムチ鍋


”本格的なキムチで作る鍋はサイコー!”

ピリ辛キムチ鍋。ベースのだしは味噌でも鶏ガラスープでもみりん・しょうゆでもおいしいですが、たっぷりの野菜と豚バラやホルモン・豆腐などとともにキムチをたっぷり入れて煮込みます。身体がぽっぽと熱くなり、ピリ辛で旨味の深いおいしさはやみつきになります。

キムチには乳酸菌が含まれているので疲労回復効果が期待できます。また、唐辛子に含まれるカプサイシンは血行を促進し、新陳代謝も高めるので韓国女性のような美肌へも近づけるかも!

【レシピ】
もやし・キャベツ・ニラ・ねぎなどのお好みの野菜豆腐豚肉やホルモンなどのお肉だし汁や鶏ガラスープキムチ
だし汁や鶏ガラスープにキムチを加え、具材を入れて煮込む。味噌を加えても。卵をおとすのもおすすめ。

【締めにおすすめ素材】

ラーメンを入れて、キムチラーメンに。

【美容効果UPの1食材!】

豚肉は疲労回復・イライラした気持ちを落ち着かせる・美肌が高まります。

まとめ


鍋のおいしい秋冬の季節に、心も身体もあたたまり、さらに女性に嬉しい効果もさまざま。おいしい鍋をたっぷり食べて、身体の内側も外側もより美しく健康になりましょう!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ