イクメン俳優・東出昌大様に是非読んで頂きたい絵本とは…


来年には映画版の公開も予定されております月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」、そして映画では「寝ても覚めても」の主演と、相変わらずの人気を誇っておられますのが、東出昌大様でございます。小生も大ファンの杏様の旦那様でもございます。

俳優業だけではございません。先日、明治安田生命の行ったアンケートでは、理想のイクメンランキング、堂々の第2位でございます。ちなみに1位は杉浦太陽様でございました。

そんなイクメンの東出様、ご自身の幼少時代も気になるところでございます。人気絵本雑誌「月刊MOE」のインタビューによると、勉強はまったくしなかったが、本だけは読んでいたとのこと。ご両親が読書好きで、毎晩寝る前に、お兄様と東出様、1冊ずつ絵本を選んで持っていって読んでもらっていたのだとか。

なかでも東出様が特に気に入って読んでもらっていた絵本は、「くいしんぼうのあおむしくん」(福音館書店)と「クリーナおばさんとカミナリおばさん」(福音館書店)だとか。読書好きのご両親らしい選書でございます。いわゆるベストセラーでないところから察するに、かなりの数の絵本を読まれていたのでは…。



そして、幼少時代の東出様のセンスもゴイスーでございます。「くいしんぼうのあおむしくん」は、昨年、ネット上で話題になったシュール系なトラウマ系絵本でございます。大人が読んで楽しめる大人絵本でございます。是非、東出ファンの方もそうでない方も、試しに一度読んでみて頂ければと…。

そんな東出様に是非、読んで頂きたいのが、こちらでございます。

「当世落語風絵本 孝行手首」(作・絵:大島 妙子 出版社:理論社)

みなさん、ご存知の通り、東出様はかなりの落語好きでございます。NHK Eテレで「落語ディーパー!」という番組のMCを担当するほどでございます。

実は、落語絵本は子供にもけっこう人気がございまして、何冊もございます。とはいえ、夫婦そろって読書家の東出一家のこと、落語絵本は一通りチェック済ではないかと…。

そこで、こちらを。実はこちら、落語絵本ではなく、「落語“風”絵本」でございます。こんな演目の落語はございません。作者の大島妙子様のオリジナルでございます。ちなみに、大島様は絵本界きってのシュール系ナンセンス女性作家、まさに絵本界のさくらももこ様でございます。ちなみに、こちらの作品の主人公は「手首」でございます。さすが…展開も絵もゴイスーでございます。

落語で、トラウマを予想させるシュール系、東出様がお気に入りになること、間違いナッシングかと…。

こちら、大人もバッチシ楽しめる内容になっております。今話題の大人絵本ブームを体験するには、バッチグーな絵本かと存じます。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)
月刊 MOE(モエ) 2018年12月号 (2018年11月02日発売)
Fujisan.co.jpより

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ