大竹一樹、リンパマッサージに絶叫「痛ぇ!痛ぇ!痛ぇ!」

ザテレビジョン

2018/12/4 10:35

12月3日深夜に放送された「オータケ・サンタマリアの100まで生きるつもりです」(テレビ朝日)に出演した大竹一樹(さまぁ~ず)とユースケ・サンタマリアが「動物ヨガ」に挑戦し、悲鳴を上げる場面があった。

大竹とユースケが挑戦したのは、悩みや心身の状態に合わせてポーズを取る「動物ヨガ」。「精力、落ちたくないんですよ」と語るユースケは「ウマのポーズ」をチョイスした。

このポーズは、脚を開いて腰を落としたポーズを取り、指導する女性インストラクターが内股を軽く蹴り、そこに意識を向けさせていくスタイルが特徴的。インストラクターによる手加減なしの“指導”に、ユースケは「先生…!」と声を上げた。

さらに、大竹はうずくまった姿勢で背中側に両腕を上げていく「ウサギのポーズ」にも挑戦するが、五十肩という事情もあって腕が十分に上がらない。

インストラクターは「ポーズの前の準備が必要だったみたいです」と指摘し、大竹には特別指導として首の横にあるリンパのマッサージを施すことに。座った状態で首筋を強くつままれた大竹は「痛ぇ! 痛ぇ! 痛ぇ!」と絶叫。

「ちょっと首を傾けてもらって…」と促すインストラクターに対して、「嫌だ!」と宣言し、その後もマッサージを続けようとするインストラクターの手をつかむなど、ささやかな抵抗を見せていた。

また、ユースケは「ウマのポーズ」の場面を振り返り、「蹴られるの好きになっちゃった(笑)」「嫌いじゃないな」と笑顔を見せていた。次回の「オータケ・サンタマリアの100まで生きるつもりです」は12月10日(月)放送予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171436/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ