“壁ドンキス”の次は土下座強要!菜々緒「リーガルV」ドS怪演に視聴者歓喜

アサジョ

2018/12/4 10:14


 女優・米倉涼子が主演するドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)の第7話が11月29日に放送され、平均視聴率14.4%と高視聴率を保った。中でも菜々緒演じる弁護士・白鳥美奈子が相田栞(東ちづる)に対して「頭を床に擦りつけなさいよ!」とタンカを切るシーンに、「菜々緒かっけーっ!」「菜々緒がやばかった!」「菜々緒くぅ~っ!」とシビれる声がネット上に多数躍った。

「今回は婚活詐欺を巡って、小鳥遊(米倉)率いる京極法律事務所と小鳥遊が以前所属していたFelix&Temma法律事務所が激突。最終的にローズブライダル代表の相田(東)のスキャンダルが発覚。被害者に対して“深い謝罪”の意味を込めて土下座を迫るも応じない相田に対して、白鳥(菜々緒)がブチギレてドスの利いた声でタンカを切るという場面でした。ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)など“ドS演技”には定評のある菜々緒ですが、今回のドラマ撮影中に三十路を迎え、ますます演技に磨きがかかってきました」(テレビ誌記者)

そんな菜々緒の憧れの女優が今回主役を演じる米倉涼子。誕生日をサプライズで祝福された際も「米倉さんにアドバイスを頂きながら、役者としても女性としても少しずつ前進したい」といったコメントを残している。

「二人は、2014年『ドクターX~外科医・大門未知子~』第3シーズンと、翌年放送された『家政婦は見た!』(共にテレビ朝日系)に続いて3度目の共演。今回は米倉に対して敵愾心をむき出しにしてとことん立ち向かっていく役なので、法廷でのファッション対決や美脚対決にも注目が集まりました。第二話では、小鳥遊(米倉)の元カレのエリート弁護士・海崎(向井理)に壁ドンからキスをするシーンがあり、『壁ドンからのキスとか菜々緒イケメンすぎ』と視聴者も絶賛。ドラマもいよいよ佳境に入り、米倉とその背中を追いかける菜々緒の激しいバトルが見ものですね」(エンタメ誌ライター)

向井理相手に“壁ドンキス”、東ちづるに“頭を床に擦りつけて土下座”をさせた菜々緒。果たして米倉とは、一体どんな結末が待ち受けているのか。あっと驚くバトルを期待したい。

(窪田史朗)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ