【新車】ハンガリーからの輸入車「スズキ・エスクード」が商品改良。渋滞対応ACCなどを標準装備

clicccar

2018/12/4 08:03


ハンガリーのマジャールスズキで生産される輸入SUV、スズキ・エスクードがメッキフロントグリル、フロント・リヤバンパー、アルミホイール、リヤコンビネーションランプのデザインを一新して、12月21日より発売となります。

インテリアも、シート表皮、インパネガーニッシュ、特徴的な装備であるセンタークロックの意匠を変更。カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイ、ソフトパッド(インストルメントパネル天面)を採用するなど上級モデルさながらの雰囲気に進化しています。

注目は、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を充実させていることです。衝突被害軽減ブレーキは赤外線レーザーセンサーと単眼カメラを併用した「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載しています。さらに、斜め後方から接近する車両を検知する「ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]」、駐車場などで自車の後方左右から接近する車両を検知する「リヤクロストラフィックアラート」も標準装備となりました。

ミリ波レーダーを使った「アダプティブクルーズコントロール」は、渋滞にも対応する「全車速追従機能」を標準装備しています。パーキングブレーキはサイドレバーを引くタイプですが、2秒間は停止を維持できる機能を備えています。

パワートレインは、従来から定評ある1.4リッター4気筒ガソリン直噴ターボ。四輪駆動制御システム「オールグリップ」も備えています。トランスミッションは6速AT、WLTCモード燃費は16.0km/L(市街地:12.1km/L、郊外:16.4km/L、高速:18.3km/L)となっています。

メーカー希望小売価格は2,658,960円(消費税8%込)、モノグレードのシンプルな設定です。

(山本晋也)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ