宮沢りえ、夫の森田剛に浮上した仰天「ナースハラスメント」の一部始終とは?

アサ芸プラス

2018/12/4 05:59


 腕を差し出すだけで熟練のナースが採血してくれる血液検査。ならば男女の営みにおける男性の側に問題があるかどうかを調べる“下半身の体液”検査も同様に、ナニを出すだけでシコシコッと採取してくれるはず──。モテモテの御仁はそんな“医療行為”を期待していたようだが…。

11月中旬の平日、都内でも有数のオフィス街にある不妊治療専門クリニック。そこで前代未聞の「ハラスメント騒動」が勃発したという。

「一般の方でも何を勘違いしたのか、ナースに協力を求めてくるケースがごくマレにあるそうですが、まさか顔の売れた芸能人がそれを要求するとは…」

クリニックの関係者を絶句させた騒動の主は、今年3月に女優・宮沢りえ(45)と入籍した森田剛(39)だ。まずは、受付ロビーで森田と鉢合わせた、クリニックの来院者が証言する。

「当日、午後の診療時間に来院してロビーに座っていました。小柄で痩せた男性が一人で来ているなと思って、よく見たら森田さんだったんです。マスクで顔を隠していましたが、意外とすぐに本人だとわかりました」

このクリニックはオフィスビルの数フロアを占有し、受付までは専用エレベータの利用が可能。何より患者の「通院のしやすさ」を第一に考えた作りになっている。

スポーツ紙芸能デスクが宮沢と森田の妊活について語る。

「宮沢は、前夫との間に生まれた長女(9)にも愛情をもって接する森田に惹かれて再婚を決意したと言われ、実際にその長女も森田を『パパ』と呼んで慕っています。たとえ子供ができても、連れ子に肩身が狭くなるような思いはさせないはず。そんな安心感もあって、周囲にも『彼の子供が欲しい』と公言するようになったそうです」

そんな宮沢の真剣な思いをよそに、森田がクリニックで起こした“男の体液”トラブルとは…。12月4日発売の「週刊アサヒ芸能」12月13日号がその一部始終をリポートしている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ