地元民も“一度は行きたい”と太鼓判!100万ドルの夜景を望む香港夜景バー5選

Walkerplus

2018/12/4 00:39

香港観光といえば、やはり“100万ドルの夜景”が外せない定番。香港島で一番高い山にある展望エリア「ヴィクトリアピーク」から見下ろしたり、尖沙咀(チムサーチョイ)のプロムナード(海浜公園)から見渡したり、その見方によって違った表情を見せる街はまるで宝石がきらめいているかのような絶景だ。

そんなせっかくの夜景を、ただ見るだけでは観光の域を出ない。そこで、ヴィトリアハーバーを挟んで両岸の高層ビルに多数点在するとっておきの夜景バーで、地元民も憧れるおいしい食事やお酒を楽しみながらのナイトビューはいかが?

■ 高層階から海岸線を一望する大パノラマ「aqua spirit」

海に向かう大きなガラス窓を通じて開放感のある「aqua spirit」。尖沙咀のプロムナードの中でもいちばん人気の「香港文化センター」エリアの背後にあるため、特等席から香港島側の夜景を堪能しながら、定番をリメイクしたカクテルを楽しめる。

カクテルの種類が多く、ゆずやキンモクセイ、抹茶など、和を感じるオリエンタルテイストを多く取り入れている。また、世界中から300種類以上のワイン、シャンパン、スピリッツや日本酒などをそろえており、必ずお気に入りの一杯を見つけられる。

予約にはミニマムチャージ(最低支払額)が必要なので、混雑する時間帯を避けてハッピーアワーからの利用がおすすめ。

[aqua spirit]住所:30/F, One Peking, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong / 営業:16:00~26:00

■ 世界一高い場所にあるスカイバー「OZONE」

海岸線に聳え立つ、香港でいちばん高いビル・ICC。その中に入るリッツカールトンホテル香港のスカイバー「OZONE」は、ほぼ頂上の118階に位置し、世界中で最も高い場所にあるバー。

専用エレベーターでたどり着くおしゃれな空間は、日本人インテリアデザイナー・片山正通氏が手掛けたもので、メニューにはカクテル、タパスや軽食がそろう。

くつろぎたい人には、テラス席がおすすめで、2300メートルから見下ろした香港のスカイライン(高層建築物が描く輪郭線)は、ヴィクトリアピークと似たような高さと感じながら、いつもと違う角度から香港の夜景を堪能できる。

[OZONE]住所:Level 118, International Commerce Ctr., 1 Austin Road West, Kowloon, Hong Kong / 営業:月~木17:00~25:00、金17:00~26:00、土15:00~26:00、日12:00~24:00

■ 有名デザイナーが手がけたレストランで乾杯「ALTO」

イギリス発のインテリアブランドであり、そのデザイナーの名でもある「Tom Dixon」(トム・ディクソン)。その傘下にある建築スタジオが,香港ではじめて手がけたレストラン「ALTO」は、入り口から店内まで代表作「メルトミニペンダント」が220個ずらりと並ぶ様子は壮観。テーブルや椅子からキャンドルスタンドにいたるまですべて同ブランドのインテリアでそろえられている。

エレガントな店内で食事をしながら,ガラス越しの夜景を眺められるほか、屋上に設けているテラスエリアにて、夜風を当たりながら食後の一杯といったスタイルも可能。

[ALTO]住所:31/F, V Point, 18 Tang Lung Street, Causeway Bay, Hong Kong / 営業:12:00~15:00(ブランチのため土日祝~15:30)、18:00~23:00

■ テラスバーで夜景の一部になろう「Popinjays」

2017年末にオープンした、ハイクラスホテル「The Murray」の最上階にあるテラスバー「Popinjays」。100万ドルの夜景の主役である、香港の銀行街「セントラル」に位置するため、囲まれているようなパノラマの夜景が広がる。

店舗設計の視察に訪れたインテリアデザイナーたちが、屋上からヴィクトリアピークとヴィクトリアハーバーを両方一望できるというロケーションに魅了され、屋上ならではの魅力を伝えられるよう、本来あった設備を別の階に移す工夫で、屋上をバーエリアに一新したという。

店名は、旧式英語でインコを指す。店名にちなんだ「The Aviary Collection」(飼鳥園コレクション)という看板カクテルは、グラスの形状や羽、飾りなどさまざまな形で「鳥」を表現。クラシックカクテルや、国によって違うテイストで定番のジン&トニックも提供。

[Popinjays]住所:25/F, 22 Cotton Tree Drive, Central, Hong Kong / 営業:火~木17:00~24:00、金土17:00~25:00 / 休み:月曜

■ 海賊になれる!? 一度は体験したい海上レストラン「aqualuna」

ヴィクトリアハーバーの上に、赤い帆を揚げて航行している時代外れの古い帆船。実はこの船の正体は、80歳以上の船職人が古き良きデザインに沿って、伝統的な材料を使って入念に手作りした海上レストラン。

夕方から45分おきに出航する海の旅「Evening Harbour Cruises」(HK$220~)は、100万ドルの夜景を背景に、カクテルや軽食を楽しめる香港らしいクルージング体験。昼間には日替わりで赤柱(スタンレー)やラマ島、長州島までの1日ツアーを提供し、月曜日の点心クルーズもお見逃せない!

[aqualuna]Evening Harbour Cruises:Central Pier 9またはTsim Sha Tsui Pier 2より出航(東京ウォーカー(全国版)・Candy Cheung)

https://news.walkerplus.com/article/171459/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ