大島由香里アナ、元フィギュア小塚崇彦氏と“年内離婚”報道……小塚氏の「セカンドキャリア」に不安?

日刊サイゾー

2018/12/4 02:00


 3日、元フジテレビでフリーアナウンサーの大島由香里と、夫の元フィギュアスケート選手・小塚崇彦氏に“年内離婚危機”が報じられた。一部スポーツ紙の報道によると、原因は多忙によるすれ違いで、現在すでに別居しており、離婚に向けて話し合いを進めているという。一方、この報道を受けて小塚は同日、自身のブログで「夫婦で話し合いを重ねており~」などとファンに説明、別居については否定していない。

報道に先んじて1日、大島は自身のブログを更新し、大手芸能事務所「スターダストプロモーション」に所属したことを報告していた。「新しい環境でさらにステップアップを目指しこれからも、育児と両立しながら強い意気を持ってしっかりとお仕事も頑張っていきたいと思います」(原文ママ)と意気込みをつづっていた。

大島はフジ時代には主に報道畑を歩み、2016年2月に小塚氏と結婚。昨年4月に第1子となる長女を出産するとともに、同年末をもってフジを退社している。

出産からあまりに早い本格仕事復帰宣言には驚きの声も上がっていたが、その裏で夫婦関係は崩壊していたようだ。

「10年のバンクーバー五輪日本代表で、11年の世界選手権銀メダリストの小塚は、16年3月に現役を引退しています。彼ほどの実力があれば、普通はプロスケーターとしてアイスショーに出演するか、指導者になりそうなものですが、再出発先は所属していたトヨタ自動車の“イチ従業員”でした。しかし、それも昨年には正社員ではなくなっているようです」(女性誌記者)

そして、そこからの転身先がすごかった。スポーツライターが後を引き取る。

「今年からレーサーに転身。7月にサーキットデビューしています。小塚はトヨタに所属していた縁で、『東京オートサロン2018』の新企画に参加。この企画は『GAZOO Racing 86/BRZ Race』への参戦を希望する芸能人を対象に、レース参戦をサポートするプログラムで、参戦にあたって車両のメンテナンスやプロドライバーによるドライビングアドバイスなどが受けられるというものです。デビュー戦は2分12秒台の自己ベストが出たものの、1秒及ばず予選敗退となっています」(スポーツライター)

とはいえ、にわかレーサーで生計を立てるのは難しいはず。他にもフィギュア靴のブレードのプロデュースやスケート教室、はたまた羽生結弦のものまねタレント・羽生ゆずれないのスケート指導までしていることが明らかになっている。

もともと大島が小塚氏のファンだったことからスタートした2人の関係だが、アスリート引退後のセカンドキャリア問題が重くのしかかった結果なのかもしれない。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ