過去の恋愛において後悔していることあるある7つ【前編】




過去に戻ってやり直すことができるならば、やり直したいことってみなさんにもありますよね。しかも恋愛においては数々のシーンでそういったことがあるのでは?
今回はそんな、過去の恋愛において後悔していることあるあるをまとめてみました。

過去の恋愛において後悔していること

もたもたしているうちに他の人に好きな人を持っていかれたこと



好きな人がいたのだけれど、気持ちを伝えられずもたもたしている間に、好きな人が元カノとヨリを戻してしまったり、他の人と交際をスタートさせてしまったという悲劇。
2人きりになったことは何度もあったのに、なぜあのチャンスをものにしなかったのかと、後悔することに。

冗談で好きな人をいじりすぎて怒らせたこと

好きな人がなかなかのいじられキャラなタイプだったので、調子にのっていじっていたら、相手を本気で怒らせてしまうという事態に。
それからはもう、友達としてすら付き合いにくくなり、ましてや恋人なんて無理な話に。

ダメ男とダラダラ付き合っていたこと

ダメ男だとわかっているのに、ダラダラと交際してしまった経験をお持ちの方も多いハズ。喧嘩ばかりしていて、合わないとわかっていたのに、次に進むということをせずに貴重な青春時代を棒にふってしまったのです。

相手の気持ちを試すために別れを切り出し本当に破局したこと

彼が追いかけてくれると信じて、喧嘩しているところから逃走したり、「じゃあもう別れよう!」と切り出してみたものの、彼が追いかけてきれくれずにそのまま音信不通になったり、別れることを快諾されてしまったりしたことがありませんか? 相手を試して、墓穴を掘るパターンです。

喧嘩中によった勢いで浮気したこと



彼と喧嘩しているときに自暴自棄になりお酒を飲みまくって、浮気をしてしまうという事件……。100%自分が悪いので、もう言い訳の余地もなくフラれて当然という結果に。お酒に逃げるという馬鹿げた行動に走る自分を、叱り飛ばしたいのです。

他のカップルと無駄に比べたりして別れたこと

自分が一番幸せに見えていないと気がすまなくて、友達カップルと自分たちを比べて「○○ちゃんたちはこうなのに、私はこうじゃない!」と、彼氏にその不満をぶちまけたことってありませんか? 本当にくだらないことなのですが、相手にその理不尽な不満がストレスを与えることになってしまったのです。

待ってばかりで自分から連絡しなかったこと



何度かデートをしたりしていい感じだったのに、相手から誘われることばかりを待って、自分から連絡をまったくせず、気がついたら相手に恋人ができていたなんてことも。女子は待つべきだという無駄なルールにとらわれていて、いい人を逃してしまうことに。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ