「ヒアルロン酸はエチケット」「整形ではなく若返り」神田うのの発言にDr.高須幹弥が真っ向反論!


【第76回】「高須幹弥センセイ、アンチエイジングは整形になりますか?」

かねてからネットを中心に顔の変化が指摘されている神田うの。先日、友人でクロスフィットトレーナーのAYAがインスタグラムに投稿した神田とのツーショット写真によって整形疑惑が再熱したのだが、神田はそのコメント欄で、「私の目も鼻も整形ではありません」「私がやっていますのはヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射です」「40歳を過ぎた周りの友人たちはみなさんエチケットとしてやっていますね」「これは整形ではなくいわゆる若返り」「老け込んだ汚いお顔は失礼になりますので、今後も40歳過ぎてからのエチケットであるヒアルロン酸とベビーコラーゲンと上手に付き合いながら歳を重ねていきます」などの長文をつづり、整形を真っ向から否定した。

しかし、「40歳過ぎのエチケット」「汚いお顔は失礼」といった発言がさらなる波紋を呼ぶことに。また、「整形ではなく若返り」とのフレーズに、疑問を抱く人も少なくなかったようだ。高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥先生、今回の騒動、どうお感じですか?

■「整形ではなく若返り」はうの流定義

整形にははっきりとした定義がないので、ヒアルロン酸やベビーコラーゲンが整形なのか否かを明確に判断することはできないのですが、どちらも医療行為だし、針を刺して体内に異物を注入しているので、僕は美容整形だと思います。いわゆる“プチ整形”ですね。

とはいえ、神田うのさんのような芸能人が整形を公言すると、芸能人としての商品価値が下がってしまうので、絶対に整形とは認めないでしょう。神田さんの中では、「注射だけで、切ったり縫ったりしないから整形ではない」と勝手に定義付けているのかもしれませんね。

なお、神田さんが使用されているというヒアルロン酸とベビーコラーゲンは、どちらも用途はほぼ同じで、肌にハリや潤いを与えて、シワやたるみを目立たなくするアンチエイジングの施術のひとつです。ちなみに、ベビーコラーゲンは赤ちゃんから採ったコラーゲンではなく、ご遺体から採ったコラーゲンでできた“ヒトコラーゲン製剤”で、赤ちゃんの肌に多いIII型のコラーゲンを多く配合していることから、赤ちゃんのようなハリと潤いのある肌に近づける効果が期待されているもの。以前のコラーゲンは牛や豚を使用していたので、アレルギーが出やすかったのですが、そのような心配が少ないというのも特徴のひとつです。

ベビーコラーゲンに比べ、ヒアルロン酸の方が施術後の持続期間が長いことも多く、仕入れ価格も3分の1ほどなので、僕のクリニックではベビーコラーゲンは使用していないのですが、どちらを使うかは、ドクターの好みや、「新しい製剤」「赤ちゃんのような肌に」というキャッチコピーに惹かれた患者さんのインプレッションによるところが大きいと思います。ただ、その背景には、ベビーコラーゲンを手掛けるメーカーが医者と結託して認知を広めるなど、商売的な要素が大きく絡んでいることは言うまでもないでしょう。

■うのの「エチケット」発言は悪くない

女性は誰しも若く美しくいたいという願望があり、その欲望を満たすために整形するわけですが、神田さんの場合は、やはり芸能人という立場上「欲望のためにやった」とは言えないから、「エチケット」という言葉に置き換えたのではないでしょうか。ただ、僕は別に悪くないと思います。芸能人は美を売る職業だし、神田さんは美に関連するもののプロデュースなどもされているので、常に美しくいるべき立場。芸能人以外にも、美容整形の受付や女医、エステティシャンなど、美を売る職業の人が、エチケットとして常に若く美しくいるよう心がけるのは、正しいと思います。だって、エステティシャンがシワシワでシミだらけだったら、行く気がしないでしょ?

美を売る職業の人でなくても、化粧をしたり、髪形やファッションで身なりを整えたりするのと同じように、整形で綺麗を維持するのはいいことだと思います。ただ、実際に40代女性でヒアルロン酸などを行っているのは、体感的に2割程度。そのような人たちは神田さんの言葉に賛同すると思いますが、圧倒的少数派なので、「何言ってんだ!?」という声の方が大きくなってしまい、今回のような騒動に発展したのではないかと感じます。

とはいえ、最近は産婦人科や歯医者などでもヒアルロン酸注入を行っているので、施術自体はとっても身近になってはいるんですよ。

■仕上がりの良し悪しは女医の顔でわかる

ヒアルロン酸はいずれ吸収されていくので、美しさを維持するためには定期的に施術を受ける必要があります。ただ、感覚がマヒして必要以上に注入してしまうとか、シワなど細かいところばかりに意識が集中して全体を見ていないといった患者さんも時々見受けられます。本来は医者側が止めるべきなのですが、利益にならないし、患者さんによってはトラブルに発展することもあるので、バランスが崩れるとわかっていながら施術してしまう医者も少なくないんですね。

また、医者自身の感覚がマヒしているケースもあり、そのような医者から施術を受けると、当然バランスの崩れた仕上がりになります。そのような傾向は特に女医に多く、ヒアルロン酸を打ちすぎて、唇がオバケのように腫れあがっていたり、ナメクジが這っているかのような涙袋をしていたりと“いかにも”な顔をしているので、施術を受ける際は、女医の顔で医院のセンスを見極めるといいかもしれません。

高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。
・公式ブログ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ