戸田恵梨香、朝ドラ“先輩”安藤サクラと対面「勇気をもらった」


女優の戸田恵梨香が、2019年度後期NHK連続テレビ小説『スカーレット』(2019年9月30日~放送)のヒロインに決定し3日、東京・渋谷のNHKで行われた制作・ヒロイン発表会見に、制作統括の内田ゆき氏とともに出席した。

現在放送中の『まんぷく』、次作『なつぞら』に続いて、101作目となる朝ドラのタイトルは『スカーレット』で、焼き物の里である滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子が主人公。ものを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく姿を描く。

戸田は、朝ドラのイメージについて「フレッシュで、国民のみなさんに元気を与えるイメージが強いです」と話し、「今まで自分が朝ドラをやるなんて夢にも思ってなかったので、できるかどうか不安ではありますけど、この『スカーレット』を通して情熱、愛情を深く伝えていけたらと思っています」と心境を語った。

この日、大阪でも会見を行った戸田は、その際に『まんぷく』のヒロインを演じている安藤サクラに会ったことを報告。「サクラさんから『本当に楽しいよ』と。大阪での生活がとても充実していて表情がきらびやかで、彼女からすごく勇気をもらった」と明かし、「ますます来年が楽しみになりました」と笑顔を見せた。

タイトルの『スカーレット』は、黄色味のある赤い色=緋色のこと。制作統括の内田氏は「ヒロインの情熱的で温かみのある生き方に通じると思い、このタイトルを選びました」と説明し、また、戸田の起用について「生きていく上でいろんなことを描いていくのに、強さと繊細さを兼ね備えていらっしゃるということが大きな決め手になりました」と明かした。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ