セレーナ・ゴメス、タートルネックは特別「支配できると感じる」

今年10月にインスタグラムのフォロワー数個人のアカウント1位の座をサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドに譲ることになったセレーナ・ゴメス(26)。コーチやプーマのブランドアンバサダーを務めるセレーナが、お気に入りのファッションについて語った。

セレーナ・ゴメスは昨年夏に腎臓移植の手術を受け、今年9月末に白血球の数値が低いことへの不安で病院に入院し、その後は東海岸で精神的な治療を受けていた。セレーナはどうやら無事に退院したようで、プーマのブランドアンバサダーの仕事に復帰した。そんなティーンに大人気のセレーナがこのたび、『ELLE』のインタビューに応じた。

セレーナは普段のファッションで何かインスピレーションを受けているものはあるかと聞かれると、「私は気分がコロコロ変わるの。映画『あの頃ペニー・レインと』を見ると、1週間はケイト・ハドソンのようにおしゃれをするわ。それか『マリリン 7日間の恋』を見れば、すべて50年代のスタイルにしたいの。だから私は女優なのね。だって、私の性格は変わるもの。でも、ただ楽しいの。おしゃれするのは大好きだわ。芸術や音楽、映画にインスピレーションを受けるのは大好きなの。自分の限界は作らないわ。自分を気持ちよくさせてくれることをするのが好きなの」と答えている。

そんなセレーナ・ゴメスは今、ドレス(ワンピース)がお気に入りとのこと。セレーナは「ドレスを買うわ。小さな花柄のドレスがあるでしょ? 私はそれに夢中なの。たくさん持っているのよ。どこかに行く時も髪をあげて縛って、その小さなドレスを着て、スニーカーを履くの」と明かした。

また、セレーナには自分を強く感じさせてくれる特別な服があるという。「タートルネックなの。ハイウエストのパンツにタートルネックの服を着ると、支配できるって感じるの。それから女性だって感じるわ。何かを着ることで自分の強さを感じることができるなんて、おもしろいわよね。でもそういう風に感じさせてくれるのはそれ(タートルネック)だけなの」と語り、タートルネックはセレーナのキーアイテムのようだ。

靴に関しては年齢とともに変化があるようで、セレーナは「年を重ねて、フラット(ペタンコ靴)の方を好むようになったわ。でも、履くのはいつもハイヒール。スタイルのためなら、痛みは我慢しなきゃ」と話している。

身長165cmとモデルほど長身ではないが、どんな服も着こなすセレーナ・ゴメス。日本にもセレーナのファッションのファンは多いため、彼女のお気に入りアイテムはぜひともチェックしたい。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ