「ウェディングドレスを美しく着たい」 胃バイパス手術を受けた女性が術後に死亡(ベルギー)

このほどベルギーで、結婚式を目前に控えた女性があとはウェディングドレスを選ぶだけという時になって死亡した。女性はドレスを美しく着こなすためにと胃バイパス手術を受けた後、容態が悪化したという。『Mirror』『Metro』などが伝えた。

ジェイナ・モリールズさん(25歳)は、来年6月29日の結婚式に向けて着実に準備を進めており、既にほとんどの手配を終え、あとは自分が着るウェディングドレスを選ぶだけという状況になった。

ジェイナさんは、これまで頻繁に体型をからかわれコンプレックスを抱いていた。過去に遊園地でジェットコースターに乗ろうとした際、安全ベルトが腰部分に装着できなかったことから降りるように言われたこともあり、この侮辱の経験以降、自分の体型に深く悩むようになった。11月24日はウェディングドレスを選ぶ予定になっていたため、ジェイナさんは「痩せて奇麗にウェディングドレスを着たい」という思いから10月17日に胃バイパス手術を受け、2日後に退院した。

ところが、その2週間後の自分の誕生日パーティーでジェイナさんは腰の痛みを両親に訴えた。母親クリステルさんと父親ローランさんは娘が痛みを訴えてきた時、受けた施術が関係しているとは思わず「ちょっと飲みすぎたのでは」と思った程度だったという。しかし鎮痛剤を飲んでも痛みは治まらず、ジェイナさんは医師の診察を受けたが、この時の検査ではどこにも異常は見られなかった。

その後も痛みは続き、酷くなっていった。11月8日に病院へ行き新たに検査を受けると、肺塞栓症と肺梗塞を起こし、血流が途絶えたことで肺組織の一部が壊死していることが発覚した。それからジェイナさんの容態は一気に悪化、肝不全で昏睡状態に陥った。肝臓移植のための手術が行われるも、ジェイナさんの体は新しい肝臓に対して拒絶反応を起こしてしまい、医師は一から治療を施さなければならなかった。

その4日後には医師が胃バイパスの繋ぎ目に漏れがあることを発見し、それが腹腔に炎症を起こしていたことを突き止めた。その治療のための手術が行われ、11月23日には2回目となる肝臓移植手術がなされたが、ジェイナさんの体はあまりにも弱っており手術に耐えきることができなかった。午前2時頃、病院からの知らせを聞き家族らが駆けつけたが、ジェイナさんは自身がウェディングドレスを選ぶ予定であったこの日に帰らぬ人となってしまった。

ジェイナさんの母クリステルさんは「娘がウェディングドレスを選ぶはずだったその日に、私たちは遺体を目の前にして立ちすくむしかなかったのです」と、別れの言葉を告げることも叶わなかった悲しみを吐露した。

また父ローランさんは、娘に起こった出来事を世間にシェアすることを決意し、美容整形手術に対してこのように注意喚起を促した。

「犯人が誰であるのかを追求することは理に適いません。そのため、なぜこんなことになってしまったのかを私たちが知ることは不可能でしょう。それに、ジェイナはもう戻ってはこないのです。みなさんには、手術を受ける前に2回、3回とよく考えてほしい。自分自身を受け入れて、社会に影響されないように生きてほしい。」

ジェイナさんの葬儀は、ヘラールツベルヘンの聖バルトロメオ教会で12月1日に執り行われたそうだ。

画像は『Jana Moreels 2017年8月7日付Facebook「Love you Lee」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ