ある女性が、亡きパートナーの「肌」を保存したいワケ

TABILABO

2018/12/3 19:00


そんな方法があるのか!と思っちゃいました。

カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病におかされてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり、彼は自分の肌の保存を生前から願っていたそう。自分の創り出したアートを遺したいということなのでしょうね。

そして、Cherylさんは彼の願いを叶えることに。そのプロセスで葬式が遅れることになったという旨も自身のインスタに投稿しています。気になるのはその後なのですが、今のところ、アップデートはないようです。

でも、ふたりの間にあった固い絆を感じられますね。





View this post on
Instagram


Cheryl Wenzelさん(@lovelytattoowife)がシェアした投稿 -


(C) Cheryl Wenzel / Instagram

Top image: (C) iStock.com/Portra

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ