「断捨離して演じる決意ができた」30歳の戸田恵梨香が、朝ドラヒロインに!

Walkerplus

2018/12/3 17:32

NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」が塩軍団の登場などでますます人気上昇中だが、そんななか、早くも2019年度後期連続テレビ小説の制作発表とヒロイン発表が、12月3日、NHK大阪放送局で行われた。

連続テレビ小説通算101作目となるのは大阪放送局制作の「スカーレット」。スカーレットとは「緋色」の意味だが、本作では文字通り炎の色を表現する。高度成長期の滋賀県・信楽を舞台に、女流陶芸家として自分の仕事に取り組み、家庭や子育てとの両立などに悩みながらも明るく、力強く生きるヒロイン・川原喜美子の姿を描く。

本作の制作統括の内田ゆきCPは「信楽焼の温かみのある赤、情熱的な赤から連想してこのタイトルを選びました。舞台は昭和30~40年代ですが、今の時代に元気とエールを送ってくれるドラマです」と紹介する。ヒロインの川原喜美子に特にモデルはないが、制作にあたっては滋賀県・信楽の女性陶芸家でヒロインと同世代の神山清子(こうやまきよこ)さんにかなり深く取材をし、大きく参考にしている。脚本は「夏子の酒」「妹よ」など多数のドラマを手掛けた水橋文美江(ふみえ)。中田CPは「水橋さんは、自分自身が何かやるだけでなく、誰かのために何かやる女性に強い人。この『きみちゃん』もほかの人のためによく働きます。水橋さんは『若いころからいろいろ書いてきたけれど、今だから書けるヒロインがある。観ている人に元気を届けて明るい気持ちになれるドラマにしたい』と話していました」と水橋の言葉を届けた。

ヒロインを演じるのは、「LIAR GAME」や「SPEC」などに出演し、女優としてさまざまな役柄に挑んできた戸田恵梨香。連続テレビ小説への出演は、オードリー大竹しのぶの幼少時を演じて以来2回目となる。戸田は出演のオファーを受けた際のことについて「8月に30歳を迎えて、モノや服に加え、考え方も断捨離したら、自分の中にスッと入ってきた。いつも前進したい、止まるのが怖い性格で、前進するにはどうすればいいか、思い続けてきました。約1年を通じて1人の女性を演じるのは止まることではなく、進化であり、それはなんて贅沢なことなんだろうと思った。贅沢な時間を楽しみながらしっかりと生きていきたい」と報道陣の前で決意を語った。

戸田はクランクインまでに陶芸の練習などにも挑む。クランクインは2019年4月ごろで、滋賀県甲賀市ほかでロケが行われる予定だ。

NHK連続テレビ小説「スカーレット」は、2019年9月30日から2020年3月まで放送予定。

■スカーレット

放送予定:2019年9月30日(月)~2020年3月(関西ウォーカー)

https://news.walkerplus.com/article/171418/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ