年末“祭”シリーズ随一のキラキラ感!る戦「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート

エンタステージ

2018/12/3 17:00


010903.jpg

2018年12月28日(金)より上演される『歳が暮れ・るYO 明治座大合戦祭』(通称:る戦【るせん】)。演劇製作会社る・ひまわりと明治座がタッグを組む“祭”シリーズ第8弾となる本作は、2部構成の第一部を「風林火山をす・る」とし、ほさかようの脚本、板垣恭一の演出で、武田晴信(後の信玄)と山本勘助、夢を追いかけた男たちの青春友情浪漫活劇。W主演を、佐奈宏紀と内藤大希が務める。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_2

この年末シリーズの第二部は、出演者たちが役としてユニットを組んでパフォーマンスを行うショー形式となっている。今年は「KAI ROCK FESTIVAL」と題し、甲斐の超有名アーティストとして「TONO&KERAI」「キツツキション」「GIRIGIRIN(ギリギリーン)」の3ユニットが登場。そして、年末シリーズと言えば、各ユニットのPV撮影が恒例となった。エンタステージでは、まずW座長の一人、佐奈宏紀率いる「TONO&KERAI」の撮影現場に密着。その模様をレポートする。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_10

「TONO&KERAI」は、ハル(佐奈宏紀)、シゲ様(永田聖一朗)、ノブカド(田中涼星)、シモツマ(大薮丘)、マサトヨ(松村優)、ユッキー(近藤頌利)と、第一部に登場する武田晴信ゆかりの人物たちで構成。諏訪に住む姫様たちを惑わす「諏訪ガール~恋の風林火山~」という楽曲で、女子の気持ちをぐっと掴んで離さないユニットだ。

(以下、レポートは役者名を記載します)

「TONO&KERAI」のメンバーは皆、今をときめく王子(プリンス)たち・・・ということで、撮影も華やかで豪華なロケーションの中で行われた。ユニットメンバーの平均年齢は過去最高に若く、年末シリーズ経験者も、昨年『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭(る年祭)』に出演した佐奈と田中以外は初参加で、非常にフレシュな雰囲気。撮影現場で流れる「諏訪ガール~恋の風林火山~」の楽曲も正統派な甘さを含んでおり、これまでにないタイプの仕上がりとなっていた(歌詞のテイストはいつもどおり)。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_3

撮影は、まず個別カットから。リーダーの佐奈がトップバッターとしてカメラの前に立った。白と金をベースに、メンバーカラーを盛り込んだキラキラな衣裳の中でも、佐奈の衣裳は一際高貴だ。ロイヤルな表情と品格のある振る舞いで、バッチリ決めていく。そこへ、撮影の雰囲気が気になるのか、佐奈の様子を入れ代わり立ち代わり見に来るメンバーたち・・・。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_4

撮影順は永田へ。ピンクの猫耳という、姫の心をキュンとさせるビジュアルに、あどけなさと聡明さが同居する永田の表情が加わる様は破壊力抜群で、スタッフ陣も「かわいいがスゴイ・・・!」と語彙力崩壊。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_5

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_6

続く大薮は、モニターチェックをしながら、一つ一つの動きをどうやったらより良く見せることができるのか、研究に余念がなかった。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_7

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_8

個別カットは一気に全員を撮り終える予定だったが、衣裳の調整のため、ここで一端中断。久しぶりの共演となる佐奈と田中が仲良く談笑しているところへ、近藤が近づいていき、何やら話し込んでいる。永田と松村は一緒にいることが多く、楽しげにじゃれ合う。その横で、次に撮るダンスシーンの振付をもくもくと確認する大薮・・・。待機中、思い思いに過ごすプリンスたち。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_9

この日は、チケットを購入・事前抽選に応募した方の中から当選したファンが、撮影現場の見学会に招かれていた。スケジュールが押してしまい、ファンを待たせていることを気にして、永田は「顔だけでも出していいですか?でも、驚かせちゃうかな~」と待合室の前を行ったり来たり。混乱を避けるために実現はしなかったが、永田の優しい気配りを、ぜひお伝えしておきたい。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_16

準備が整い、いざ、ダンスシーンの稽古へ。見学するファンから期待の眼差しが向けられる中、登場したプリンスたちは、まず振付指導の先生のもと、フォーメーションと動きを確認していった。先生からは「女心を分かってる感じで」「この場所と衣裳に負けないスマイルで」と声が飛ぶ。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_11

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_12

前日に振付を頭に入れたばかりという近藤は、念入りに立ち位置を確認。そして、振りの中でウィンクを求められた松村は「できない!俺、ウィンクできないんです。ぎゅって両目つぶっちゃう・・・」と実践(?)してみせていたが、果たして完成版では・・・?

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_13

その横で、ちょっと困った顔をしていた田中。どうしたのかというと、セッティングしてあったテーブルと椅子の近くで踊る際、どうやら手足がぶつかってしまうようなのだ。スタッフの目測を上回る田中の手足の長さには驚くばかりだが、今回の振付にはそのリーチを活かした見せ場もしっかり作られていた。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_14

30分ほどの稽古を終え、見学会はここで終了。静かに見守っていたファンを、6人は「ありがとう、ごきげんよう」とロイヤルな笑顔と優雅なお手振りで見送った。本当は、もっと役としてアピールしたかったようだが、一同「正直、まだ(役が)まったく固まっていない・・・」と苦笑い。公演での仕上がりを楽しみに待とう。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_17

そして、ついに本番の撮影が始まる。集まった6人は「武田コール」で気合い入れ!キラキラいっぱいに仕上がったPVで予習して、年末は「諏訪ガール~恋の風林火山~」を歌い踊る「TONO&KERAI」にときめきながら盛り上がろう。

「TONO&KERAI」PV撮影密着レポート_15

『歳が暮れ・るYO 明治座大合戦祭』は、2018年12月28日(金)から12月31日(月)まで東京・明治座にて(カウントダウン公演の予定あり)、2019年1月19日(土)に大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演される。

【出演】
佐奈宏紀(W主演) 内藤大希(W主演)
辻本祐樹/杉江大志 永田聖一朗 松本岳 田中涼星
小早川俊輔 大薮丘 松村優 井澤巧麻 近藤頌利/
兼崎健太郎 中村龍介 KIMERU 井深克彦 谷戸亮太
二瓶拓也 加藤啓 槇尾ユウスケ 久ヶ沢徹/
滝口幸広 隅田美保 木ノ本嶺浩/
泉見洋平/貴城けい/加藤茶

◆TONO&KERAI
「諏訪ガール~恋の風林火山~」
【PV】https://youtu.be/-AjphjfzxdU
【コメント】https://youtu.be/Jo7NF-mZ7bo

【公式HP】http://rusen.jp/
【公式Twitter】@le_himawari
【公式Instagram】@lehimawari

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ