結婚の決め手は? 男性が結婚を決意した瞬間

彼との結婚を意識している女性にとって気になるのが、男性が結婚を決意するタイミング。

どんな瞬間に、どんなことがきっかけで、男性は結婚を決意するのでしょうか? ずばり、聞いてみました。

■結婚を意識したのは「付き合って1年以内」が最多

20~30代の既婚男性を対象にしたアンケートで、まずは「彼女との結婚を決意したのは、付き合ってどれくらいの時期ですか?」と聞いてみたところ、「1年以内」が22%でトップという結果に。それに「半年以内」(14%)、「3カ月以内」(12%)が続きました。思ったよりもずいぶん早いタイミングで決意するものなんですね。

ちなみに、結婚を決意した決め手は何だったのかについて聞いてみたところ、圧倒的に多かったのが「一緒にいてラク」(63%)という声。やっぱり、お互い無理せず一緒にいられる関係が理想ですよね。これは女性も同じかも! それに「性格や考え方が合う」(46%)や「自分のことを一番理解してくれる」(28%)が続きました。男性はこういったことをポイントに結婚を考えるんですね。

さらに具体的に、結婚を決意したきっかけになったエピソードについても聞いてみました。

■特別な出来事ではなく、普段の言動から自然と

●「日常での笑いのつぼや、金銭的な価値観が合った」(28歳)
●「ふと子どもと接する姿を見て、 『この人かな』と思った」(27歳)
●「テレビを見ている時や、ご飯を食べた時のリアクションが一緒だった。発する言葉も全く同じ(笑)」(28歳)
●「一緒に過ごしているうちに特に運命を感じるなどではなく、自然とこの人と結婚するだろうと思った」(32歳)

■お互いの親とうまくやっていけそう、と思った



●「相手の両親に会って決心がついた」(29歳)
●「自分の親とうまくやっているのを見て、大丈夫そうと思ったので」(33歳)
●「気付いたら、親と自分より先に結婚について話していた」(29歳)
●「彼女の実家にあいさつに行った時に自然体でいられたので結婚しても大丈夫だと思った」(25歳)

■自分が辛いときに支えになってくれた



●「自分の夢を追いかけて仕事を辞めても別れずに付いてきてくれて、『この人と結婚するしかない』と思った」(27歳)
●「仕事から帰って自分も疲れているのに文句を言わず、楽しそうに、しかもおいしい料理を作ってくれる。どんなに忙しい時も元気の源になる」(28歳)
●「遠距離で離れているのに、風邪ひいて寝込んでいたら、わざわざ自宅まで来てご飯を作ってくれた。その時のお粥はどのご飯よりもおいしかった」(28歳)

なるほど。こういう瞬間に男性は「この子と結婚しよう!」と思うんですね。すごく特別な出来事よりも、実は何気ない言動にグッときて決意する男性が多いみたい。結婚したいからといって意識的にアピールするよりも、自然体で彼と接する方がいいのかもしれませんね。ぜひご参考に!

【データ出典】
ご自身に関するアンケート 2018/10/1~3実施
有効回答数:206人(男性)
(インターネットによる20~30代男女へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ