葉加瀬マイ、ラブドールになりきった最新写真集で「妄想してください」


タレントで女優の葉加瀬マイが2日、東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店で写真集『愛玩』(発売中 3,240円税込 光文社刊)の発売記念イベントを行った。

2012年2月に発表されたミスFLASH2012で当時史上最年長の24歳でグランプリに輝いた葉加瀬マイ。以降はグラビアに軸を置きながら、タレントや女優としても活躍し、今年は初めての主演映画『Lady Ninja ~青い影~』が公開されて話題を集めた。通算3冊目となる同写真集は、中国・上海と成都などで撮影。タイトルからもイメージできるように、ラブドールになった葉加瀬が男性と危ない逃避行をするというストーリー性がある中で、大胆なカットが掲載されている。

中国で撮影したということで、セクシーなチャイナドレス姿で取材に応じた葉加瀬は「中国の街中で撮影したので、撮影どころじゃなくなったこともありました。日本みたいに無関心ではなく、街の方々が集まってきちゃって。すごい露出もしていたので男性の目線が胸元に集まっていました」と撮影を振り返った。

野外で何も着用していない写真がお気に入りだといい、「ヒヤヒヤしながら撮影しました。目の前が住宅だったので、多分見られていたと思いますが、解放感もあって良かったです。自分から全裸になりました」とその理由を説明し、「衝撃的な写真もあります。人間にどんどん愛されて遊ばれ、愛でられて人間の表情になっていきます。ラブドールに触れたことのない人や恋人がいなくて寂しい方にはぜひ見ていただいて、妄想してください」とアピールした。

同写真集の撮影では、中国以外にも都内にあるラブドールメーカー・オリエント工業でもロケを敢行。実際にラブドールにも触れたそうで「本当に不思議な空間でしたが、すごく人間っぽくて顔も可愛くて生きている感じでした。男性のロマンを感じたので、私も男性のロマンになれたらと思います」と感想を。そんな彼女は、来年公開される主演映画『TOKYO24』がモナコ国際映画祭のコンペティション部門に招待され、現地のモナコに訪れてレッドカーペットを歩くという。「レッドカーペットを歩くのは楽しみですし、主演した映画が受賞するのはとても光栄なこと。モナコはなかなか行ける場所ではないので、楽しみたいと思っています」と笑顔を見せていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ