ニック・ジョナス&プリヤンカー・チョープラー、超ゴージャスな結婚前夜の宴を動画で公開

現地時間12月1日、インド・ジョードプル市街の丘上にそびえ立つ「ウメイド・バワン宮殿(Umaid Bhawan Palace)」にて結婚式を挙げ、晴れて夫婦となったニック・ジョナスとプリヤンカー・チョープラー。11月末より数日間続いている宴のもようを度々SNS上に公開している2人だが、2日にはサンギートと呼ばれる結婚式前夜のパーティーの様子を収めた動画と写真をアップし、ファンを喜ばせている。

今年5月の交際発覚からわずか数か月後、「ティファニー(Tiffany & Co.)」の「推定価格200,000ドル(およそ2,200万円)、サイズ約4カラット」とも言われる巨大リングを贈り、プリヤンカー・チョープラー(36)にプロポーズしたニック・ジョナス(26)。インド様式の伝統的な婚約セレモニーが大きな話題を集めた2人だったが、11月末からは数日にわたり結婚式前夜のパーティー、結婚式、披露宴が順に行なわれ、インド・ジョードプル市街の丘上にそびえ立つ「ウメイド・バワン宮殿(Umaid Bhawan Palace)」での豪華絢爛な各儀式が再び注目を浴びている。

『E!News』によればニックとプリヤンカーは現地時間11月30日、「ウメイド・バワン宮殿」にて手足にヘナで模様を描くメヘンディと呼ばれる儀式や、サンギートと呼ばれる結婚式前夜のパーティーを、12月1日には同宮殿にてニックの父、ケヴィン・ジョナス牧師の司宰により西洋式のセレモニーが行われたという。同日夜には「ウメイド・バワン宮殿」の上空に何発もの豪華な花火が打ち上げられ、そのもようは各インドメディアが大きく報じ、SNS上でも拡散された。

1日には花嫁の幸運や吉祥を祈り、手足にヘナタトゥーを入れるインドの伝統儀式メヘンディの様子をInstagramに公開したニックとプリヤンカー。2人は「(2つの文化を取り入れた)私達らしい儀式は、これから始まる祝いの儀にふさわしい、夢のような幕開けとなりました」と綴っていた。

そんなニック・ジョナスとプリヤンカー・チョープラーが、2日にサンギートと呼ばれる結婚式前夜のパーティーの様子をInstagramにアップした。親族やゲストらが多数ステージに上がり、渾身のパフォーマンスを繰り広げる姿が短い動画にまとめられており、凝った照明や衣装などは本物の舞台さながらの演出だ。先月22日からインド入りしていたニックは、インド人の振付師のもとこのステージのために猛特訓を重ねていたが、その成果も十分発揮されたようである。サンギートをとても楽しみにしていたニックとプリヤンカー。この夜のことを“新ミセス・ジョナス”はのちにInstagramにこう記している。

「このステージのために一生懸命練習を重ねてくださった皆さんへの感謝と愛情、そして笑いで胸がいっぱいです。この素晴らしい一夜は、私達2人にとって一生の思い出となりました。両家の親族や友人達にとっても、今後生涯を通じ関わりあっていく上で、互いの絆を深める素晴らしい夜となりました。」

2日にはヒンドゥー教にのっとったインドの伝統的なセレモニーを行ったニック・ジョナスとプリヤンカー・チョープラー。ニックはインド様式にのっとり馬にまたがって登場、プリヤンカーとともに象に乗ったり、ニックがターバン姿を披露するとの噂もあっただけに、引き続きこちらの写真が公開されるのを楽しみに待ちたいところだ。



画像は『Priyanka Chopra 2018年12月2日付Instagram「It all began as a fierce song & dance competition between the families but ended, as always, as a huge celebration of love.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ