自分中心でないと気が済まない人にされた最悪な行動3選

fumumu

2018/12/3 11:00


人との信頼関係は、お互いの気持ちを理解することから始まります。しかしすべてにおいて自分が中心でないと気が済まない人もおり、そのような人との付き合いは精神的に疲弊してしまうでしょう。

fumumu取材班は女性達に、自分が中心でないと気が済まない人にされたイラッとエピソードについて聞きました。

(1)仕切る子に内緒で旅行するつもりが…


「遊びに行くときとかに、周囲の意見を聞かずに自分のプランを押し付ける友達がいるんです。いつもそんな調子だとつまらないので、その子には内緒で旅行することにしました。

しかし彼女の前でつい旅行の話が出てしまい、『そんなの聞いてない!』とブチ切れ…。『まだ、予定段階だから』とごまかすことは成功しましたが、彼女は旅行に行く気満々です。

結局、彼女が仕切った1泊2日の旅行になってしまい、みんな振り回されてクタクタになっただけでした」(20代・女性)

(2)上司さえ逆らえない先輩


「会社に気が強いというか、自分の思い通りにならないと当たる先輩がいます。その先輩がすごいところは、上司さえもあつかいに困っているところです。

先日も社内で使っていたシステムが変更になり、『古いときに使っていた用語は新人が混乱するから廃止しよう』って話になりました。そのほうが効率もいいので、みんな賛成だったのですが…。

しかし唯一、その先輩が、『慣れたもののほうがいい』と言って反発。多数決で考えるなら、普通は通りません。しかし上司も先輩が怖いので、この話は保留に。

今も新しく入った人は先輩一人のせいで、両方を覚えないといけない状況になっています」(20代・女性)

(3)私の話をしてよ


「バイト先にいる自己中な子は、他人の人間関係にまで口を出してきます。その子と仲があまりよくない人と話をしていると、『あんな子と仲良くするのはやめて』と言ってきて…。

その代わり自分と仲がいい人たちを勧められ、『あの子たちと、私の話でもすればいい』と言われました。

誰と仲良くしようとこっちの勝手だし、なんで性格の悪い彼女の話をしないといけないのか…。まったく、興味ないのに…」(20代・女性)

■若い世代に…


fumumu編集部では全国20~60代の男女1,537名を対象に、自分が中心にいないと気がすまないほうか、調査を実施しました。

自分が中心にいないと気が済まない性格グラフ

「気がすまない性格だ」と答えた人は10.5%と、全体的には少ない割合でした。

自分が中心にいないと気が済まない性格性別・年代別グラフ

性別・年代別では、男女ともに20代から30代の若い世代に多くなっています。

あまりに度が過ぎる場合は、距離を置くことも考えたほうがいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→なるべく関わりたくない! 「この人自己中だな…」と感じた3つの瞬間

(文/fumumu編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ