浅村の楽天入りで清宮がピンチ!後輩・野村に抜かれそう…?

アサ芸プラス

2018/12/3 05:59


 埼玉西武からFA宣言してきた浅村栄斗内野手の東北楽天入りが決定し、その余波が清宮幸太郎にも及んでいた。

「浅村の獲得は、福岡ソフトバンクも狙っていました。内川(聖一)の後継者として期待していたんですが…。何人かの若手を内野でテストしていくことになる」(スポーツ紙記者)

工藤公康監督がもっとも期待しているのが、ドラフト3位の高卒ルーキー、野村大樹(早実)だという。そう、日ハム・清宮幸太郎の一学年後輩だ。

野村の打撃センスは清宮の在学中から定評があった。勝負どころでの精神的強さ、バットコントロールに関しては「清宮よりも上」と見るスカウトも実際にいて、工藤監督がそれを認めれば、「自分の下で英才教育を」と考えてくるだろう。そうなった場合、一軍定着に苦しんだ清宮は後輩に抜かれたことになる。

「日ハムは打撃力優先のスタメンを組む傾向があります。そのため、清宮は不慣れなレフトの守備にもつきました。中田翔が今オフもFA権を行使しなかったので、清宮は来季も一塁で中田とレギュラー争いをすることになり、不慣れな外野守備がたたって、打撃にも影響が出るかも。一軍定着は厳しい」(前出・スポーツ紙記者)

後輩の野村に追い抜かれたら、スター候補・清宮の神話に傷がつく。ソフトバンクは内野手の枠を空けたまま。後輩野村への期待も高まっているだけに、清宮は浅村の決断に「優勝チームから最下位チームに行くか!?」の心境だろう。

(スポーツライター・飯山満)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ