第14代M-1王者に霜降り明星、史上最年少で

若手漫才の頂点を決める「M-1グランプリ2018」の決勝が12月2日に行われ、お笑いコンビ・霜降り明星が第14代の「M-1」王者に輝いた。

エントリー数4640組の激戦を勝ち抜き、決勝を争ったのは和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップに、敗者復活から勝ち上がったミキを加えた計10組。

ファイナリストに残ったのは霜降り明星、和牛、ジャルジャルの3組で、霜降り明星が史上最年少で第14代のM-1グランプリ王者となった。

優勝した霜降り明星・せいや(26歳)は「びっくりします。ほんまに一番最年少での優勝で本当に夢見です。ありがとうございます。大学の奨学金まとめて払います」とコメント。霜降り明星・粗品(25歳)は声を震わせながら「父ちゃんと母ちゃんに感謝したいです」と語った。

ネットでは「最年少優勝すごい」「1本目も2本目も面白かった」「トロフィーのシルエット本当にそのまんまだった」「本当におめでとうございます」といったコメントが寄せられている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ