日ロ平和条約に邁進する安倍首相 狙いは来年の「衆参同日選挙」か?

しらべぇ

2018/12/2 21:00




安倍首相は、日本時間の2日未明、ロシアのプーチン大統領と会談し、双方の外相を責任者として、平和条約交渉を加速させることで一致した。

会談で両首脳は、11月のシンガポールでの合意を受けて、河野外相とラブロフ外相を交渉の責任者に据え、平和条約交渉を本格化させる枠組みを新たに設けた。

プーチン大統領は、「ロシアから大統領特別代表、日本から首相特別代表を出すことに合意した」と述べた。安倍首相は2019年1月にロシアを訪問する。今後、双方の外相のもとで、事務レベルでの交渉も加速させる意向だ。

■「二島返還」に懸念も


ただ、懸念されることがある。交渉のベースになる日ソ共同宣言の解釈をめぐっても、北方領土の主権の問題など、日ロの認識のズレが生じているのも事実だ。

このままロシアペースで二島先行返還としたとしても、主権が日本に渡されるか……ということすら見えていない。ましてや、二島先行返還した後に、あとの二島の返還交渉を続けられるのか、二島で決着してしまうのではないか……という強い懸念がある。

■シンガポールでの日露首脳会談が契機


「私とプーチン大統領の手で終止符を打つ。1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した」

安倍首相がそう高らかに宣言したのは、11月14日、シンガポールで行ったプーチン大統領との首脳会談の直後。56年宣言が北方四島のうち歯舞群島と色丹島に関しては平和条約締結後に「日本側に引き渡す」ことが明記されている。

ソ連・ロシアは二島返還で決着させようとし、日本政府は四島一括返還を一貫して求めてきた。安倍首相の発言はこれまでの歴代政府の方針を変換して、国後、択捉両島の放棄にも直結しかねない。

■プーチン提案に飛びつく安倍首相


この発言には伏線があった。9月12日にウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムの壇上で突如、同席した安倍晋三首相に「いま思いついたのだが」と前置きして、「一切の前提条件なしで年内に平和条約を結ぼう」と奇襲をかました。

安倍首相は苦笑いするのみで、まともに受け答えできずに帰国した。それから最初のプーチンとの会談で56年宣言に言及した。安倍首相は「外交のアベ」としてプーチンと23回も首脳会談を重ねながら、領土交渉の進展は一歩も前進していない。

KGB(秘密警察)出身で老獪で冷徹なプーチンに完全に足下を見られてきた。長期政権ながら、集団的自衛権の行使容認ぐらいしか歴史的偉業として残せていない安倍首相だけに、北方領土問題の進展・解決で名を残したいという焦りがあるのだろう。

総裁選の討論で北方領土問題について「リスクをとる」と明言した通り、プーチンの誘いに乗るというある種の賭けに出ようとしている。

■山場は19年6月末の大阪G20サミット




安倍首相としては、2019年6月28日、29日に、大阪で開かれるG20サミットを、平和条約締結に向けたヤマ場にしたい考えだ。この場で北方領土問題を大幅に進展させようとしている。

安倍首相は、二島先行返還論者で北方領土問題をライフワークとしている鈴木宗男・元衆院議員と頻繁に官邸で会談を繰り返している。鈴木氏は、「安倍総理の時代でしか北方領土問題の決着はない。最後のチャンスだ。これを逃してはならない」と怪気炎をあげる。

自民党内でも「総理は宗男さんに引っ張られすぎだ」と憂慮の声があるが、安倍首相には「歴史的偉業」の実現しか眼中にないようだ。

■領土問題を手土産に同日選?


年明けの通常国会は1月4日が招集日で会期は150日間。衆参同日選挙を可能とする日程だ。全国紙記者が語る。

「来年の参院選は、一人区は沖縄県以外で自民党が全勝したときの改選。前回は民主党の低落ゆえに自民党の圧勝でした。安倍政権のレームダック化が始まっていますし、大敗する可能性もなきにしもあらず、議席が減るのは自明です。

惨敗した場合、安倍政権の求心力が一気になくなる。そこで、安倍首相が考えているのが『消費増税再々延期』して『北方領土問題』を進展させて、衆院を解散して、衆参同日選挙にすることです。

菅義偉官房長官は慎重ですが、安倍首相は前のめりです。北方領土問題の前進で支持率が上がれば、それを争点に解散に打って出るでしょう」

北方領土問題の進展で、衆参同日選挙を虎視眈々と狙う安倍首相。そのもくろみは、はたして、成功するのか。

・合わせて読みたい→200年前の偉人が握る、北方領土問題解決の鍵とは

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ