好き好きオーラはNG?彼にとっての「かわいい」と「ウザい」の境界線

愛カツ

2018/12/1 18:45


彼が好きすぎて、ついつい好き好きオーラが全開!になってしまうこと、ありませんか?

しかし男性にとって、そんな好きオーラはウザいと感じられるときも……。

今回の記事では、かわいいとウザいを分ける男性心理をもとに、対策をお伝えしていきます。

彼にとってかわいいとウザいの境界線

■ 気にかけられるのはうれいけれど…

男性は好きな女性に気にかけられると、うれしいものです。

毎朝のおはようLINEやおやすみLINEなど、毎日あなたがそばにいると感じられる連絡がくると、きっと男性も安心するでしょう。

ですが、度を越してはいけません。

何分かに一度の割合でメッセージが来たり、返信を求められたりすると、ストーカーのように受け取られてしまう可能性が……。

つねに行動が監視されたり、行動を束縛されたりするようになれば、かわいい行為もウザく感じるでしょうね。

恋愛をしていくうえで大切なのは、信頼関係です。

彼を信じてあげましょう。

■ ちょっとしたワガママはかわいいけど…

好きな人ができると、ついつい自分の思い通りに相手を動かしたくなるものです。

そんな中でも、LINEで寝る前におやすみメッセージを送ってほしい、今度近くのおしゃれレストランにいきたい……。

そんなかわいい小さなワガママは、彼もチャレンジしてみようという気になりますし、頼られているようでうれしいもの。

簡単に叶えられるわりに、彼女によろこばれて、彼も満足感が味わえるので、こんなワガママは彼は大歓迎です。

彼女が甘えてくれてるんだと思って、かえって胸キュンしてしまうかもしれません。

ですが、なかなか予約の取れない人気のレストランに明日行きたい、誕生日プレゼントはダイヤのリングが欲しい……

など、簡単に叶えられないものになると、とたんに重く感じます。

さらに、なんとか叶えても「これじゃなかった」「思ったのとは違った」と不平不満ばかりいわれたら、とたんにウザく感じますよね。

小さなワガママはかわいくても、度のすぎたワガママは相手を困らせるだけです。

■ 二人っきりのときのイチャイチャはいいけど…

外では恥ずかしいずかしいので涼しい顔をしていても、二人っきりになれたとき、人目がないのをいいことに、イチャイチャしてくる女性を男性はかわいいと思います。

ですが、まわりに見せつけるようなイチャイチャは、彼は重いと感じていることも。

男性はとかく、公共性を重んじる生き物ですので、程度の差はあれ、公共の場では冷静にふるまいたいものです。

ですので公共の場で、あなたが彼と二人の世界を作ろうとしてくるのはNG。

節度ある距離感で接しなければ、とたんに彼からウザいと思われるようになります。

■ まとめ

かわいい行動とウザい行動は紙一重。

女性はついつい目の前のことしか目に入らなくなりがちですが、男性はもっとルールを重んじたり、社会で恥ずかしくない行動を重視します。

度を越さないように気を付けながら、お付き合いが続けていってくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ