乃木坂46西野七瀬、センター抜擢に「いろんなプレッシャーが」

ザテレビジョン

2018/12/2 18:15

12月1日に放送された「シブヤノオト」(NHK総合)に、乃木坂46がゲスト出演。グループを卒業する西野七瀬の“センター特集”にファンが酔いしれた。

今回番組では、西野が“センター”を務めた「気づいたら片想い」から最新曲「帰り道は遠回りしたくなる」までを振り返った。

昔の自分の姿に西野は「しゃかりきに踊っているなとか、力強いなみたいな」と感想をコメント。

司会の徳井義実から“センター”への思い、思い出の曲を聞かれた西野は「(VTRの)初めの曲(気づいたら片想い)が、初めてセンターに選んでいただいた曲で、それはすごく思い出深い…当時はめちゃくちゃネガティブで、選んでもらったけど、私を選んでもグループがヤバくなるんじゃないかなって、マイナスにマイナスに考えていたな…とか思い出しました。全然『やったー!』じゃなかったです」と意外な回答が。

秋元真夏が「すごい泣いてたんです、センターに選ばれた時も。どうしようという不安とかで」と当時の西野の様子を報告。西野は「運営大丈夫かな? そのチョイス大丈夫かな? と思って」と告白した。

また、徳井から「でも慣れたの?」と質問されると、西野は「初期の頃は3列目にいたので前に人がいる状況で踊っていたんですけど、1列目で真ん中となると前に誰もいないので『間違えられないな』とかいろんなプレッシャーがあったんですけど、今はそういうのはあまり感じずに伸びやかにできるようになりました」と自分の中での成長を語った。

そんな西野の変化について秋元は「最新曲の『帰り道は遠回りしたくなる』は、最初の『気づいたら片想い』の頃と全然違って、本当に笑顔でできるようになっているんですよ。

勝手に、後ろから見ている私たちからしたら、その様子がうれしくて、親心のように見守りながら」と笑顔を見せていた。

ネット上では「卒業しても頑張ってね」「なぁちゃんセンターの帰り道が見れるのも残りわずかなんだなぁと思いながら観ると曲が心に染みました」「最高な笑顔を届けてくれてありがとうございます」「急に西野の卒業に実感が湧いてきてもうほんと悲しい」「日村さんが映った時の乃木坂ちゃん達の反応が最高」などさまざまな反応が寄せられていた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171182/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ