バカリズム 福山雅治からのオファーに「社交辞令とかない人なんだ!」

 10日から日本テレビの情報番組「サンタマリアZIP!」(月~金曜前5・50)内で放送される朝ドラマ「生田家の朝」(全13回)の制作発表会見が2日、東京・麹町の同局で行われ、企画プロデュース・主題歌を担当する歌手で俳優の福山雅治(49)、脚本を担当するお笑いタレントのバカリズム(43)をはじめ、主演で父親役のユースケ・(47)、母親役の尾野真千子(37)らが顔をそろえた。

 本作は同局開局65年を機に立ち上げた本ドラマプロジェクトで、同局が福山に主題歌と企画プロデュースを依頼し、福山が脚本家としても注目を集めるバカリズムを誘って実現したもの。同局からの「何かやりましょう」とざっくりとしたオファーから参加したという福山は「業界の中で“何かやりましょうよ”ってよくあるんですけど、ここまで編成まで動いてって、大掛かりなプロジェクトになるとは思いませんでした」と苦笑。バカリズムへのオファーについては「バカリさんとは違うお仕事でもご一緒させていただいて、やっぱり作られるものが面白いですから。やるなら“絶対バカリズムさんとやりたい”とオファーさせていただいた」と話した。

 それを受け、バカリズムは「福山さんとはもともとお仕事で一緒になる機会があって、その時から“何か一緒にやりたいですね!”って話していたんですけど、本当に(オファーが)来たから、社交辞令とかない人なんだ、すごい!って思いました。本当にウソがない。やろうと言ったら、本当に来てくれる人なんだと」と感心しきり。

 今回は“主題歌から生まれるドラマ制作”ということもあり、福山が歌う主題歌「いってらっしゃい」(発売未定)とドラマの内容がリンクしている。福山は「毎日毎日同じように朝がやってきて、同じように繰り返されることがとても大切で、それこそが平和なのこと。それがこの脚本のメッセージ、この番組をやるテーマなのかというところから歌詞を書いた。それを支えているのはママじゃないかと、ママ目線の曲にしたんです」と明かすと、ユースケは「喜んじゃって!」と“ママ”を演じた尾野の気持ちを代弁。尾野も「やりましたね!(福山の曲の題材になることが)きっと誰もが夢。自分のことが題材になるなんて…」とファン目線で大喜びした。

 福山にとっては、通常とは違うプロセスでの楽曲制作。それでも「すごくやりやすかったです。脚本の流れを見ながら、お芝居の現場も見させていただいて、手応えを感じやすい現場でした」。自身が書いた脚本の内容が歌詞にも大いに反映されており、バカリズムも「歌詞も物語にリンクしてて、いい感じにハマっていて、心地いいですね、さわやか!」と太鼓判を押し、「福山さん、凄いな」と驚きの声を上げた。

 同作はどこにでもある普通の家族の朝を描くホームドラマ。朝の食卓をテーマに、ユースケと尾野が演じる夫妻、関谷瑠紀(12)演じる長女、鳥越壮真(6)が演じる長男の4人の生田家の様子を描く。毎日午前7時50分ごろから7分間放送する。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ