柴咲コウ、芸能活動を始めたきっかけは「家族を支えなきゃと…」

AbemaTIMES

2018/12/2 17:40


 女優の柴咲コウ(37)が1日、都内で行われた、女性が活躍できる環境づくりを応援するプロジェクト「WOMAN EXPO TOKYO 2018 Winter」のトークイベントに出席した。

芸能活動の傍ら、アパレル業やインターネット販売の会社を設立するなど社長業との二足のわらじを履く柴咲。「今までは個人という、心と身体を使ってお芝居をしたりとか歌を歌ったりとか、アーティスト活動をしていたんですけれど……」と前置きし、「物づくりをしたいなと。どうやったら作りたいものを作れるのかなとか、どんどん思いが募ってきたっていう形ですね」と会社を経営するに至った経緯を話した。

 中学2年でスカウトされ、16歳で芸能活動を始めた柴咲。「芸能界に興味があったわけではなくて、始めたきっかけっていうのは、家族を支えなきゃというほうが強くて」と芸能界に足を踏み入れた理由について述べ、「お金を稼ぐことが一番の目的だったんですね。だから全然目立ちたくないし、お金を稼ぐということに対して向かっていったという感じですね」と芸能生活20年を振り返った。

(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)

▶ 「くつろげそう」綾瀬はるか 新型エアバスでハワイ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ