ヒロミ『日曜夜9時』フジ新番組MCに早くも「惨敗確定!」の声

まいじつ

2018/12/2 17:31

ヒロミ 
(C)まいじつ

フジテレビが年明けの1月より、お笑いタレントのヒロミをMCに起用するドキュメントバラエティー『アオハル(青春)TV』をスタートさせると発表した。今年4月と9月の二度の特番の放送を経てのレギュラー化で、時間は日曜日夜9時だという。

「ヒロミがフジのゴールデンタイムのレギュラー番組で単独MCを務めるのは、初めてのこと。よく“日9”にヒロミなんかを持ってくるなという感じで、多くのテレビ関係者は驚いています。冒険というより“無謀”じゃないですか。『惨敗確定』という声が早くも出ています」(テレビ雑誌ライター)

同番組は、いくつになっても青春時代のように輝いている人を発掘する“青春応援バラエティー”なんだとか。

「裏番組には、高視聴率で安定の日本テレビ『行列のできる法律相談所』があり、、TBSの『日曜劇場』もある。その裏にヒロミなんかを持ってくる発想が全く理解できません。TBSのドラマ担当者は、ヒロミの番組になって喜んだといわれるほどです」(テレビ雑誌編集者)

とはいえヒロミは今、レギュラー、準レギュラーで週8本を持つ売れっ子だ。なぜこうもヒロミの評価は低いのか。

「昔はツッパリ、今でもエラそうな口ぶりが売り物。口を開けば相変わらず『オレはよ~』『お前がさ~』『アイツな~』なんて言葉しか使えない。完全な“イロもの”なんです。でも、そういう低俗系が好きな視聴者だっているわけです。番組の味付けには必要なのでしょう」(同・編集者)

ハズレは想定内


ヒロミは、かつて堺正章のことを「マチャアキ」と呼び、公の場で「最近のマチャアキつまんねえな」と言ったとか。それに堺が激怒。ヒロミは芸能界を干され、約10年間、テレビから消えた。

「結局、ヒロミはこのまま終わるのかとビビリ、詫びを入れて解決したといいます。復帰後、堺とすぐに共演し『なあ、マチャアキ』と言ったことですべて読み取れました。ヒロミの苗字をもじって、裏で“小物”と言っている人間は多いですよ」(芸能関係者)

それだけに、今回のヒロミの起用も最初からハズレは想定されているという。

「失敗なら3カ月で切ればいい。4月は番組改編期。つなぎに好都合な“小物”なんですよ」(同・関係者)

干されるよりは切られる方がマシだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ