アッコ「公判前はせめて禁酒」と吉澤被告に怒り 「ご主人も注意を…」と苦言も

しらべぇ

2018/12/2 15:30




2日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、「モーニング娘。」元メンバー吉澤ひとみ被告(33)の初公判について取り上げられ、中でも、逮捕後も飲酒を続けていたという事実が話題に上がった。

このことについて番組メインMCの和田アキ子が「公判前は…」と苦言を呈すと、ネットからは共感の声あがった。

■「せめて禁酒か断酒」


しらべぇでも既報のとおり、29日に開かれた吉澤被告の初公判で、明らかになった飲酒継続の実態。

このことについてアッコは、苦悶の表情を受けべながら、「ドライブレコーダー(の映像)観たとき、すごいショックで」と当時を振り返ったうえで、

「飲酒、信号無視、ひき逃げ、なんだから(それくらいのことをしたのだから)、今さら遅いんですけど、せめて禁酒か断酒ですよね。この公判前は」

と、怒りを滲ませてコメント。その後、自身が週に2日の断酒日を設けて、酒量をコントロールしていることを明かした。

■「一生断酒しかない」と共感の声


このアッコの発言について、ツイッターのタイムラインには「いいこと言う」「一生断酒しかない」と共感のコメントが多く流れた。









■「ご主人も注意しなきゃいけない」


また、この件について、出演者の勝俣州和も、

「旦那さんもお酒を取り上げて、一人で考えられないんだったら付き合うよ、っていう時間を持ってもいいかもしれない」

と発言。その後、犯行当時はキッチンドリンカーであったことが紹介されると、アッコは、

「(ならばなおさら)ご主人もちゃんと注意をしなきゃいけないし」

と、吉澤被告の夫へに対しても苦言を呈した。この発言にも、ネットからは「そのとおり」「よく言った」と称賛の声が相次ぐこととなった。

■禁酒を試みた経験は…


しらべぇ編集部が全国20~60代のお酒を飲んだことがある人863名に「禁酒の経験」について調査したところ、およそ6人に1人が「お酒で失敗して禁酒を試みたことがある」と回答した。



今回の事件を受け、飲酒自体の「良し悪し」ではなく、適切な飲酒量をコントロールすることが大事だということを、多くの人が感じたのではないだろうか。

また、この日アッコは、眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術を受けたばかりで、不自然な二重で収録にのぞんでいた。番組冒頭、症状を説明するなど重たい空気が流れた今回の放送だが、その発言はいつもと変わらぬ歯に衣着せないものだった。

今後の発言にも注目したい。

・合わせて読みたい→吉澤ひとみ被告初公判、傍聴の「倍率」に騒然 「ヤバい」「酒井法子はもっと…」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の飲酒経験がある男女868名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ