ブルゾンちえみが“withニャン”を結成!?「with Bはもう限界を感じる…」

Movie Walker

2018/12/2 15:07

2014年に公開された1作目以降、冬休み映画の新たな定番アニメとして高い人気を集め、シリーズ累計動員1683万人・累計興収186億円を突破した「妖怪ウォッチ」の劇場版最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』(12月14日公開)。本作の完成披露試写会が12月2日、昭和女子大学人見記念講堂で開催され、ゲスト声優を務めるブルゾンちえみが舞台挨拶に登壇した。

本作の舞台となるのは古き良き60年代。新たな主人公・下町シンと高城イツキ、有星タエの3人は、守護霊のスーさんや猫又などの新たな妖怪たちと一緒に、家族の魂を取り戻すために未知なる世界へと冒険に繰り出すことに。シリーズの人気キャラで妖怪の世界の王・閻魔大王の誕生の秘密が明らかになることでも大きな注目を集めている。

会場に大勢つめかけた子どもたちが元気いっぱいにジバニャンを呼ぶと、駆け足でステージ上にやってきたジバニャン。最新作の解説をお願いされたジバニャンは、いつもの調子で今年大ヒットを記録した『カメラを止めるな!』や大ヒット公開中の『ボヘミアン・ラプソディ』のネタを織り交ぜたおとぼけぶりを披露。続けて登壇した本シリーズの生みの親である、レベルファイブ代表取締役社長の日野晃博は「今までで一番すごいんじゃないかな」と、本作の出来栄えに自信をのぞかせた。

そして満を持してブルゾンが新キャラクターの猫又を携えて登壇すると、会場の子どもたちは大盛り上がり。ブルゾンが演じるのは、人の魂を奪い取る恐ろしい妖怪・玉藻前。初のアニメ声優挑戦について「人生でなかなか妖怪の声を出すことがなかったし、正解がないものなので難しかった」と述懐するブルゾンに、日野は「ぴったりすぎてびっくりしました。玉藻前の恐ろしさが充分にに表現されていたと思います」と太鼓判を押す。

さらにブルゾンに声優をオファーした理由を訊ねられた日野は「いつもキャラクターに合ってるかどうかや、どのくらい面白い表現ができるのかをポイントしている」と語り「玉藻前は人間離れした個性を持っているのでブルゾンさんの…」と途中で思わず笑いをこらえきれず、ブルゾンからツッコミを入れられる一幕も。そして日野が「玉藻前はもともと美人だったんじゃないか」と新たな事実を明かすと、ブルゾンは「初めて聞きました(笑)」と目を丸くした。

そしてブルゾンは、“妖怪の仕業”かもしれないこととして、先日with Bの2人にネタ用の小道具をメールで頼んだところ、違うものを買ってこられたというエピソードを披露。「with Bをポンコツにする妖怪が憑いていたみたいです」とまとめ、劇中に登場するイケメン妖怪たちや今回の主人公イツキとシンをバックにつけたいと明かすブルゾン。

「伸びしろを感じるボーイズがいいです。成長させ甲斐のある男の子に惹かれます」と語り、withBの2人については「もう限界を感じる…切り替えちゃおうかな」と辛辣なコメントで笑いを誘う。そして猫又からのお願いで、ジバニャンも入れた1人と2匹でコラボネタ「with N(ニャン)」を披露。会場を大きく沸かせた。(Movie Walker・取材・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/171336/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ