佐藤健が“若手有望株のひとり”から脱却したターニングポイントは?<てれびのスキマ>

ザテレビジョン

2018/12/2 11:00

■ 誤解を恐れずに言えば、佐藤健は最初からスゴかった

彼がデビュー1年目に主演したのが「仮面ライダー電王」(2007~2008年テレビ朝日系)だ。この「平成仮面ライダーシリーズ」は「スーパー戦隊シリーズ」と並び、新人俳優の登竜門的存在。

それ故に、第1話と最終回とでは、ライダーや戦隊を演じる役者が格段に成長しているというのが大きな魅力だ。だから、正直言って第1話の主人公の演技は見ていられないと思えるようなレベルのことも少なくない。

けれど、佐藤健は違っていた。これらのシリーズの主演としては段違いにうまかったのだ。しかも、「電王」の主人公は基本的に気弱という設定ながら、「イマジン」が憑依するとその性格が激変する。いわば多重人格。全く性格の違う役柄を見事に演じ分けたのだ。

だから、今年「半分、青い」(NHK総合S)と「義母と娘のブルース」(TBS系)で同時期に全く違う役柄を違和感なく演じていたのが話題になったが、全然驚かなかった。何しろ、デビュー直後から、それを同じ作品内でやっていたのだから。

子供の頃から、器用な子だったという。勉強や運動、習い事、なんでもそつなくこなせた。幼少期から漫画やゲームを親しみ、特に漫画「天使な小生意気」がバイブル。それが彼の美学や人格を形成した。

「人間としての本質はもう完成したな」

そう思ったのが中学2年だったという(「FRaU」2016年11月号)。早熟すぎる。高校時代になると、やりたいことが何もなく、将来の夢も思い浮かばなかった。

けれど、進路を決める時期は刻一刻と近づいてくる。どうしよう?と考えていたときにちょうど、スカウトされた。渡りに船だった。

声をかけられ、おもしろそうと思ったからやりますと答え、オーディションに行けと言われるまま行って、合格したとなれば、とにかく現場に行く。そんな感覚だった。それでもそつなくこなせたのは、その器用さと早熟な人格形成の賜物だろう。

最初は成り行きだった役者の仕事も、やっていくうちに楽しくなり“本気”になっていった。

佐藤健がいわゆる“若手有望株のひとり”から脱却し、飛躍したのは2010年だろう。

大河ドラマ「龍馬伝」(NHK総合S)で岡田以蔵役に抜擢され、木皿泉脚本の「Q10」(日本テレビ系)では主人公の平太を演じた。どちらも、ドラマファンを釘付けにする好演だった。

特に前者では、演出の大友啓史に出会ったことが、その後の彼にとって大きな財産になっただろう。大友がNHKを退職後、フリーとなって初めて撮った映画が「るろうに剣心」(2012年)。その主演にも起用された。

当時も漫画原作の実写化が興行収入的なものだけでなく作品クオリティとしても成功するのは珍しいことではなくなっていたが、アクション系の漫画原作の場合、まだまだ難しかった。

だが、大友の演出と、佐藤健の説得力あふれる身体性で高い評価を受けた。かつて特撮俳優の演技レベルを更新した彼は、アクション系漫画原作の実写化レベルも更新してしまったのだ。

この頃(20代前半~中盤)の佐藤健は、出演する作品数を抑えていたという。その選択をしたからこそ、今の自分があると言えるとも振り返る一方で、20代後半になると、考え方が変わってきた。

20代が終わってしまうと「若さ」という武器が使えなくなる。「今でなければ二度とできなくなる役がある」と思ったときに、悔いが残らないようにやり尽くしたいという思いが強くなったという。

よく周りには「30代になって役が増えて楽しくなる」と言われるが、彼はむしろ“できなくなる役”に惹かれていった。

「これからの人生で一生できないわけじゃないですか?永遠の別れですよ。それってやっぱりすごく寂しい。ちょっと待て、俺はまだやり残したことがあるかもしれない、と」(「Ameba Official Press」'18年4月19日)

そのある種の焦燥感が佐藤健のストイックさの源泉なのかもしれない。今どきの醒めた若者を今どき珍しいほどのストイックさで演じる佐藤健。それがその瞬間でしか表現できない刹那の魅力を引き出している。

だから逆にこれから30代に差し掛かる佐藤健の今後には期待しかない。きっと見たことのないものを見せてくれるはずだ。まだまだ佐藤健のお楽しみはこれからだ。(文・てれびのスキマ)

◆てれびのスキマ=本名:戸部田誠(とべた・まこと) 1978年生まれ。テレビっ子。ライター。著書に『1989年のテレビっ子』『タモリ学』『笑福亭鶴瓶論』など多数。雑誌「週刊文春」「週刊SPA!」、WEBメディア「日刊サイゾー」「cakes」などでテレビに関する連載も多数。2017年より「月刊ザテレビジョン」にて、人気・話題の芸能人について考察する新連載「芸能百花」がスタート(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171017/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ