12星座ランキング! 「自分は器が大きい」と思いがちな星座とは?

しらべぇ

2018/12/2 08:30

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
いつの時代も、物事を寛容な心で受け止める「器が大きい人」は多くの人から愛されている。 その余裕のある姿に憧れを感じ、行動や言動に心がけるものの、そううまくいかないのが現状。

しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,363名を対象に調査を実施。その結果、「自分は器が大きいほうだと思う」と回答したのは全体21.5%。



なお、男性17.6%に対して女性25.3%と、「自称器が大きい」と感じる人は女性に多いようだ。

■1位は自信家なあの星座


さらに、この結果を12星座別でみるとトップと最下位で10ポイント差のつく結果に。



1位は27.1%で、行動力のあるおひつじ座。 怖いもの知らずで行動力があるため、新しいことにも怯むことなく果敢に挑んでいくチャレンジャー。人前で堂々と振る舞い、その場の意見を上手にまとめ上げることからリーダーに向いている星座といわれている。

一方で、自分に自信があるため、「自意識過剰」と思われてしまうこともしばしば。そんなおひつじ座は、人から頼られる機会も多いため、「自分は器が大きい」と考える機会が多いのかもしれない。

■自称器の大きい星座たち


僅差で2位と3位にランクインしたのは、やぎ座とふたご座。2位のやぎ座は、忍耐強く何事にも一生懸命取り組む性格と言われている。また、周囲を気遣い、非常に優しい性格のため、自分のことよりも人のためを考え尽くしてしまう傾向もあるようだ。

そのため、自分のキャパ以上のお願いを引き受けてしまうこともしばしば。影ながら努力をしているからこと、思い当たる節も多く自分の器の広さを痛感しているのかもしれない。

3位は、明るく社交的で交友関係が広いふたご座。頭の回転が早く、好奇心旺盛なため、どんな変化にも柔軟に対応でき、思わぬアクシデントも丸く収めてしまう策士でもある。

機転が利くため頼まれる業務量も人より多いため、「器が大きい」と感じる場面が多々あるのだろう。

■最下位は情熱的なあの星座


最下位にランクインしたのは、努力家なさそり座。場の雰囲気を大切にし、控えめな性格と言われているが、じつはかなり情熱的。 一つのことに熱中すると、それ以外は見えなくなり驚異の集中力を発揮するようだ。

それ故に、周りからの意見はあまり気にせず頑固になってしまうことも。 自身が職人気質だと感じているからこそ、器が大きいと考えることがあまりないのかもしれない。

器が大きい人は、その包容力から非常に魅力的に見える。しかし、独自の世界観を持ち自分らしさを貫いている人もまた素晴らしい。

・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ